FC2ブログ
手編みのベビーシューズ~Saartje's bootees
2081


パターン: Saartje's Bootees
毛糸: COTTON WOOL(HOBBYRA HOBBYRE) Col.11 & Col.3
成分: コットン63%、ウール37%
ボタン: HOBBYRA HOBBYREのウッドボタン(一番ちいさいやつ)
編み針: 棒針3号×2本



Ravelryのフリーパターンの定番(?)、
すでに世界中で9000人以上が編んでいるという、
Saartje's booteesを編んでみました。

コロンとしたかわいいフォルム。
一見難しそうに見えて、編んでみると案外簡単。
一日で完成する手軽さ。
しかも、パターンはただ。

棒針2本で編むだけなのに、
立体的なカーブを作ったり、
本体から一部分離したパーツ(ストラップ)を作ったり。
棒針編みの応用幅の広さ、自由さを実感させてくれて、
編んでても楽しい・・・

ベビーシューズという、ごく一時期、ごく一部の人しか
編まなそうなニッチなパターンにもかかわらず、
Ravelryにおいて不動の人気を誇るのも
わかる気がします・・・。


2088

はかせてみると、サイズはぴったり。
ストラップをはずすとはかせやすく、
ストラップを閉めると脱げにくい。
実用的でもありました。

はかせなくても、見ているだけで癒されるこのシューズ、
色違いで何個もあんで、並べてみたくなりますネ。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
↑よかったら、応援してね!



「Phildar」の耳あてつき帽子 しつこくカスタマイズ・・・
ほんっと、しつこいようですが、
先日編んだ、Phildarの耳あてつき帽子をさらにいじってみました。
こうなったらものはためしだ!
徹底的に遊んじゃえ。

1993

モコモコのチョコ色の毛糸で、
縁取りをしてみました。

Phil douce brown

使用したのは、海をわたって本日届いた
PHIL DOUCHE (Phildar)。
想像通り、とてもふんわりのきもちいい~毛糸です。
(さいきんよく見かけるmocomocoソックスみたいな感触です)。
ベビー用のみならず、自分用にも使いたい。

さて、何を編もうかと考えていたところ、
Phildarの耳あてつき帽子が掲載されていた同じ号に、
こんなパターンが載っていたことを思い出しました。↓

fa

PHIL DOUCHEを縁取りに使って、
一見、ファー付きコートのように仕上げています。

おお、おもしろい使い方だ!
まねっこしよう!

ということで、耳あてつき帽子を餌食にすることに決定!
縁取り方を解読する気力がなかったので、自己流に、
かぎ針でぐるりと2周、短編みを加えました。

・・・ファー付きにはとてもみえんが、
帽子の縁がふわふわになったので、
ぶりにとっては、より快適かと思います。

Phildarみてると、編み方や毛糸の使い方などが
どの作品も一工夫あって、
いろいろ触発されて楽しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
↑よかったら、応援してね!



ベビーソックス
念願の手編みのベビーソックス完成♪

1963

パターン: Knitted mini chrismas stockings
針: 棒針7号、2本 (作り目のみ11号)
生成りの毛糸: やわらかラム col.8(ダルマ毛糸)
空色の毛糸:  ジェームズディーン エバー 色番.3(オリムパス)


1972

使用したパターンは英語のブログのフリーパターン。
情報源はユチコさんのブログ。
本来はクリスマスの飾り用のこびとサイズですが、
コートや帽子を作った毛糸で編んだら、
ちょうど乳幼児サイズになりました。しめしめ。


1965

耳あてつき帽子に使用した生成りの糸をベースに、
さし色に、コートを編んだターコイズブルーの毛糸を使用。
残った毛糸を幾分か消費できたうえに、
どっちのアイテムともコーディネートが可能だ!
やっほ~~~い♪

こんなちっぽけなものですが、
編み始めるまでは、けっこうタイヘンでした・・。

続きは追記といたします・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
↑よかったら、応援してね!




耳あてつき帽子 かぶせてみた!
Phildar手編みベビーニット、第3弾!
Le Bonnet(耳あてつき帽子)、かぶせてみました。

1951


1954

パターン: Phildar(No037-T10-012),  サイズ:6-12カ月用
毛糸:   やわらかラム(ダルマ), 1玉, col 8
成分:   アクリル60%, 毛(ラムウール)40%
針:    棒編み針7号(2本), なわ編み用針

サイズはぴったり。(ぶり3カ月なのに・・アタマでかい??)
本体がゴム編みで、耳あてもついているので、
頭をすっぽり覆って、程よくフィットして、
脱げにくいのもよいです。
なわ編みとゴム編みのバランスや形も、佳し。
このへんは、さすがPhildar・・・です。

しかし、難点は耳あての縁どりです。
Phildarの解説のまんまだと、
縁を2目(あるいは2段)内側に折り込んで縫う、
とのことだったんですが・・
私ていどのウデでは、アウトラインがきれいに仕上がらない。

何か解決策はないだろうか・・・。
かぎ針で縁取りをしたらきれいだったかな。

とにかく・・・・
編み手の腕によって出来が左右される、
という意味では、難しいパターンだったかなぁ、と思います。
(仕上げるの自体はかんたんなのですが・・)

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りベビー用品へ

↑よかったら、応援してね!





Phildar解読ノート・その2~Le Bonnet(耳あてつき帽子)~
Phildarからの毛糸の到着を待つ間、
待ちきれないので、
帽子(bonnette)を編むことにいたしました。
(こらえ性のないやつです)
Phildarの手編みベビーニット、第三弾です。

bonnette

オプションでmocomocoの耳当てをつけるタイプと、
ひさしをつけるタイプがあるようです。
どっちが似合うか・・
本体が出来上がってから考えようっと。

つーことで、まあ本体を編んだんですが・・・

1927

けろん あいこん ああっなんだこれっ!

かつら??

プラチナブロンドですな。
また北欧系か??(別の意味で・・)

とにかく・・・・
帽子の前部の作り目が露出してると、
マヌケな感じがぬぐえません。
もちろんこれはパターンのせいではなく、
ワタシの作り目がゆるいんでしょう・・ははは ←(と、さびしく笑う)

ということで、
ひさしを付けるタイプを迷わす選択して、
完成~。

さ~て、ぶりにかぶせるかあ!
と思ったが、いつのまにか、ぶり熟睡・・・

むすこ あいこん ちんもく ZZZ ←(気配を察したな)

1942

仕方がないから、おわんにかぶせてみた。
よく似合うな~(おわんに)。


ちなみに使用した毛糸はコレです↓



実際に店舗でさわってみた中で、一番やわらかくちくちく感がなくて、
ふんわりやわらかい毛糸でした。
ちっちゃい帽子なので、1玉で十分足りました。

解読ノートは追記とします。
ご興味のある方だけのぞいてみてね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りベビー用品へ

↑よかったら、応援してね!