スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手ぬぐいで作る短肌着・作り方2・縫製
この記事は、シリーズ「手ぬぐいで作る短肌着」の一部です。前の記事に興味を
持たれた方は、右コラムの「シリーズ記事」欄からどうぞ→


■縫い方

さて、いよいよ縫い合わせます。
本に記載された手順は以下の通りです。

18


① そでつけ: 肩山とそで山と裁ち目を合わせ、そでをつけ回し、そでに折り、
縫い代は伏せ縫いする。

② 肩はぎ: 肩山、そで山を続けて割りはぎし、縫い代は伏せ縫いする。

③ 衿ぐり、前あきのしまつ: バイアステープを裏からつけて表でくけつける。

④ ひもつけ: 綿テープ20cmを6本用意し、上前、上前表わき下、下前中側にとじつける。


こんだけで、「あーわかった」と思った方、
もうこれ以上見る必要ありませんよ~。
実戦あるのみ!

「う~ん、大体分かったけど、細かいところがどうも・・・
(特にわきの下の縫い 合わせとか)どーなるの?」と思われた方は・・・

次の記事で私の苦闘の跡をお見せいたします。
もう、わかんないとこは、完全に自己流です・・・。
これで正しいかどうかは、まったく保証の限りではありませんが、
実際に作った肌着は、何度か洗濯繰り返 してますが、
ふつーに使えてますので、結果オーライとしましょう!

私の縫い方を叩き台として、あなたなりの修正を加えて頂き、
よりすばらしい肌着を完成させてくださいねっ!

さらに、ここはこうした方がいいよってとこがあったら、
是非是非教えてくださいな。




むすこ あいこん ちゅー補足
*ミシンでも縫えるか?
①②の工程を「直線縫い+ジグザク縫い」あるいは「縁かがり縫い」で行えば、
ミ シンでも可能です。
ちょっと手間ですが「折り伏せ縫い」にすれば、
より赤ちゃんの肌に優しく仕上がるかと思います。

ただ、この場合、わき下の縫い合わせがぴったり収まらず、
どうしていいのかわ からなかったので、私は自己流ですが、
わき下1cm程はそでと身頃を縫い合わせず、縫い代をかがり付けて処理しちゃいました。
他にいいやり方を御存じの方は 是非教えてください・・・・。

*でも、やっぱり手縫いがおすすめです。
ミシンと手縫い、両方を試して見たんですが、
手縫いの方が、使用する糸が少な いせいか、
縫った部分がふんわりと柔らかく仕上がるんですよ~。
バイアステー プも縫い目が表にほとんど出ないので、
よりキレイに付けられます。
手縫いって あんまりやったことなかったんですが、なかなかいいもんですね。
一見めんどくさそうだけど、小さい分すぐ出来るので、一度お試しあれ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
↑ポチッと押していただけると励みになります



back  next
関連記事


08/26. 11:34 [ others ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://porec.blog71.fc2.com/tb.php/52-e7d574c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。