FC2ブログ
家庭用ミシンでニットソーイング、徹底検証!~縫いずれ対策 その1~
この記事は「家庭用ミシンニットソーイング、徹底検証!」の一部です。
前の記事をお読みになりたい方は、右コラムの「こんなことにハマってます」欄からどうぞ→


さて、今回は、
縁かがり縫いの「縫いずれ対策」
に関してです。

実は先日、「縁かがり縫い」でのニットソーイングを試して頂いた方から、

「縁かがり縫い」の専用の押さえを使うと、
直線ミシンの押さえに比べて、縫いずれしやすいようですが、
何か対策はありますか?


という、ご質問コメントを頂いたのです。

その方自身、家庭用ミシンを用いて、
とてもすてきな女の子服を作っていらっしゃる方で、
なんちゃって初心者との私が、「こうしたらいいわよ、ウフ」なんて
お答えできる立場では到底ない・・。
あああ、ブログっておそろしい・・・とアタマを抱えてしまったのですが・・

ご質問がきたからには、私の現時点でのありのままの姿をさらすしかありません・・
ハイ、恥をしのんで、お答えいたします・・。

経験豊かな皆様、この記事を読まれて、
「こうした方がいいのに~」「そんなんじゃだめだよ~」などと
いうことがありましたら、
どうか教えてくださいね・・・。
その方が、このシリーズにきてくださる方々のためにもなるし。
もちろん、私もふくめて。



いろいろ調べてみると、ニットというものは、縫いずれしやすい生地だそうですね。
(↑もう、ホント、このレベルなんですよ・・私)

このニット縫製のさいの縫いずれを防ぐために、
テフロン押さえや、
上の布も送り歯で送ってくれる上下送り歯付きの押さえ、
ジャノメだと「送りジョーズ」なんてのが推奨されてるそうですね・・・。



ジャノメ 送りジョーズ
 持ってないけど、使ってみたい。

でも、これらは、残念ながら「縁かがり縫い」には使用できないようです・・。
試してないけど・・

zyanome osae縁かがり縫い用には、ジャノメでは右のような
専用のかがり縫い押さえが用意されています。

以前、これじゃなきゃ縫えないのかな~と思って、
通常の直線縫い用押さえで「縁目かがり縫い」を行ったら、
生地端が糸でつれてギザギザになってしまいました・・
(なんでも試す無謀なヤツ・・・)
どうやら、押さえ中央に2本入っている細い針金が
キレイに縫うためには必須のようです。


この「縁かがり用押さえ」のテフロン性があれば最高なんですが、
そんなものは、ない!

実は、私自身は、ニットを縫ってて「ホンットに縫いずれしやすいな~もうっ!」など
感じたことは、あまりないのですが、それは、多分
・他の布での経験があんまりなくて、比較の対象がない
 (いきなりニットから縫い始めた。無謀・・)
・難しそうなニットに極力手を出さない。
・ただ単に縫いずれしてるのに気づいてない
からでしょう。特に3番目はおおありだな・・(-"-)

ただ、ニットが薄手で軟らかいときなんかは、
さすがにニブい私も、縫いずれしやすいな~と思うことがあります。

そんなとき、どうしているか?

私は、こんなふうに縫っています。←なぜか小文字・・・

みしん 左手左手で、ミシン押さえの左端で、
上下の生地を押さえて、
ミシンが布を送るスピードに合わせて生地を送ります。


45右手は、目打ち(or指)で、
ミシン押さえに入っていく直前の上布を押さえて、
左手で押さえている上布に遅れないように、
ミシン押さえの下に押し込んでいきます

つまり
自らの肉体を「上布送り押さえ」と化し、
手動で上布送りを行うというワザ!!

むすこ あいこん おおっ2 おおっ!ヤルな、かあちゃん・・・・


「・・・・・・・」

「・・・そんだけ?」 (これだけ前置き長くて)

ええ、そんだけです・・けろん あいこん ごきげんハハ・・・笑ってごまかす

ミシンのスピードに合わせて、ミシンが望むままに、
上布を「ホラ食え、食え!」と押し込んでいく・・・その感覚が、
ミシンとの一体感をかもしだす!
私はけっこう好きですがナニカ・・・←開き直る

あ、あと、押さえ圧は弱くしています。(4段階中、1~2くらい)。

その2へつづく・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
↑ポチッと押していただけると励みになります



back  next




関連記事


08/13. 07:02 [ others ] CM4. TB0 . TOP ▲
  
コメント

(先日のコメントのお返事ありがとうございました!)
そして、図々しくも質問したにもかかわらず、記事にまでしていただいてありがとうございます~~(>_<)
keronさん、直線用の押えでも「縁かがり縫い」を試されたんですね!
(私もいつか試してみたいと思っていたところでした!本当に、その実験精神素晴らしいですね!私も見習いたいです(>_<))

確かに、keronさんがおっしゃられるように、「テフロン製の縁かがり専用押え」のようなものがあれば最高ですが、需要が少なそうですね(^^;
手でしっかり押さえて布を送ってあげるのが一番ということになるのでしょうね。
あとは、慣れでしょうか。

私は、「ダダダダダッ!!」とミシンを縫うことでストレス発散をしているので、
“1回でほつれ処理までできる縁ががり縫い”も魅力的ではありますが、“ダダダダダーっと縫える直線縫い(あるいは伸縮縫い)&ダダダダダーっと縫えるジグザグ縫い”があっているのかもしれません(笑)
いずれにせよ、このシリーズ、とてもためになりますので、これからも実験&レポ、楽しみにしていま~~す♪
---------- *yu-kagon*. URL│08/13. 09:20 [ 編集 ] -----
→*yu-kagon*さま
いつも、このどしろうとの実験レポ見て頂いて、ありがとうございます・・。私はyu-kagonさんのように「ダダダダー」っとスピード出して縫えないので、縁かがり縫いの、あのもどかしい感じがちょうどよいのかもしれません。

この後も、おバカな実験が続きますので、これからもよろしくお願いいたします。
---------- keron. URL│08/13. 09:38 [ 編集 ] -----
こんばんは!
私も同じくニットからソーイングを始めました。
なので縫い合わせの段階で縫いズレを気にした事ってあんまりないような・・・基本適当なので(笑)。
ズレてきたら引っ張って辻褄を合わせてまーす♪
逆に布帛生地の方がズレを感じてしまってストレスになります。

送りジョーズは一応持ってますが、まず取り付けが面倒!
そしてスピードを上げられないのでストレス。
でも、ナイロン系生地などを縫う時には使えるヤツです。

JP-510は押さえ圧の調整が4段階あるんですね。
JP-500は強と弱の2段階しかないんですよね・・・。
---------- sora. URL│08/13. 23:40 [ 編集 ] -----
soraさんへ
こんにちは~。コメントありがとうございます!そうなんですよ。縫いずれ、あんまり気になるなんないけどなあ・・・私、もしかして気がついてないのかなあ、なんて、ちょっと不安にかられていたので、同じく縫いずれきにならないというコメント、ちょっとホッとしました。それとも、ふたり揃って大雑把ってこと?? でも、縫いずれのご指摘があってから、そういえばずれること、あるなあ・・、と思い当たることもあり、今までそれこそてきとーに上布を押し込んで対処して来たけど、なんとかなんないかなって、いろいろ考え始められました。こうやって他の方の意見を聞いて、励まされたり、自分の感度が上がったりするから、ブログって面白いですね。

これからもよろしくお願いします!
---------- keron. URL│08/14. 04:19 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://porec.blog71.fc2.com/tb.php/40-e2abab2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)