スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビストロエプロン (LINNET)
「私と息子のために,親子エプロンを作ってほしい」

知り合いからの,いきなりハードな依頼にこたえて,エプロンパターンを物色した結果,このパターンに行きつきましてん.



IMG_3146m.jpg

パターン: ビストロエプロン (LINNET)
生地: ヘリンボーン織のリネン,インディゴ色 (check and stripe)


いや,なんせ,エプロンなんて普段まったく着用しないワタシ.巷のエプロンのスタンダードな形がどんなもんかもわからず.とりあえず「エプロン 型紙」で検索したら,
 
 ・フリルヒラヒラのメルヘン系
 ・ポケットてんこ盛りの本格シェフ系

このどっちかにかたよるパターンばっかし. カンタンに作れて,シンプルで,オトナなデザインってのが,意外になかなか見つからない. そんななかで,引っかかってきたのが,高級(高額)リネン生地販売で有名な LINNET のパターンでした. パターン屋としての認識はまったくなかったけれど,レディースパターン結構たくさんあるのね.

と,いうわけで,パターンを取り寄せ,とりあえずは自分用に試作を作成. (まがりなりにも他人様にあげる予定のお初パターンをぶっつけで作る度胸はない・・・). 仕様書は手書きで大変かわいらしいのだが, パタレやMPLパターンのような手取り足取りな懇切丁寧さはなく,「細かいところは自分で考えて適当に対処してね」♥と笑顔で突き放すソフトスパルタ系. でも,ベルトを作って,ポケット付けて,見頃の生地端はバイアス処理や三つ折り処理するだけのシンプル仕様なので,ソーイングリハビリ中のワタシでもなんとかなりました. ホッ.



IMG_3143m_20150723155929ecd.jpg

パターン仕様書からの変更1.
前当ての上端の処理は,三つ折りにして,そこに首ベルトの端を縫い付ける,という仕様. これを,別布で3cm幅の見返しを作って,見頃表布と見返しの間に首ベルトをはさみこむ仕様としました.この方がベルト付け部の縫い目が表に出ないでキレイだと思ったので. しかし,ここで失敗. 脇カーブ生地端のバイアスの上端が,見返しの陰に隠れるハズが,見事に表にでてしまったのだ. いやー、こーいうことがあるから,やっぱり試作は作るべきなのだ、うん (←そして本番でまた同じ失敗をくりかえすやつ)

変更2.
ポケットは,おなかのど真ん中にお椀みたいなポケットがついてる仕様でした. これを,四角い脇ポケットに変更. ポケットの形は自作して,付ける位置は,型紙をエプロン本体にマチバリで留めて,鏡で確認しながらつけました. そして案の定、マチバリを腿に刺した. いてー.



IMG_0745m.jpg

着画でやんす.

丈が長くて,シンプルで,リボンも細く(2cm幅),大人っぽい印象.
ポケットを腰骨の高さで脇に付けたのも,縦のラインが強調されて,重心が腰の低い位置に落ち着いた感もあり、自分的には正解だったと思います. ただし,エプロンの丈がごらんのとおりかなり長く,身長165cmの私が着て,膝丈下まできます。  身長に応じた丈の調整は必須です. とはいえ、このパターンの,腰に向ってフワーって広がって,ストーンと落ちる洒落たラインを生かすには,膝丈下にくるぐらいの長さは確保するのがおすすめっす!

あとは,リボン. デフォルトは幅2cm程で細めであり,これはこれで大人っぽくて私は好きなんですが,幅3cmぐらいに広げて,よりカワイイ寄りに作るのもアリかと思います.リボンを長めに作って,首の後ろで結べるようにしたり,Dカンつけて長さ調節できるようにしたり、経験に応じて好きなようにカスタマイズするのがよろしいかと。

今回は自分用でリボンの長さ調節は必要なかったので,仕様書どおりの長さで輪っかにして見頃に固定しましたが,頭がデカイ私には,輪っかを頭が通るときに結構キツい・・・・. ギリギリ頭を通す時に、身頃にお化粧がついてしまいそうでイヤだ・・・ということで,長さが調節できるような仕様にすればよかったかなと思います。 というわけで、ワタシと同じ全国の頭デカさん、首リボンの長さを決めるときはくれぐれも慎重に!ご自分の頭が通るかどうか、実地に確認して長さを決める一手間を省くと、悲しい出来事が待っていますぞ〜(←よけいなお世話だ!)

あとは,生地選びに関して.
エプロンの丈が長く,後ろに回る生地の分量もたっぷりとってあるパターンなので,着用すると、生地の重さが結構効きます.この重さを首にかけるリボンで支えるデザインなので,あまり生地が重いと肩が凝りそう。 薄手のツイルや綾織り生地など,丈夫だけど厚くない生地を選択するのも大事だと思います.あと,指定の生地の幅は150cmですが,110cmでもいけました.


結論:
デザイン的には文句なしにかっこいい! 大人っぽいリネンのエプロンを自作したい人にはおすすめです. そこそこいい生地で作れば,プレゼント用としても使えそうだし.  ただし,1080円もする高額(?)パターンなのに仕様書が突き放し系だとか,パターンに縫い代がついてなくて自分でつけなきゃいけないとか,洋裁パターン屋さんの丁寧な仕様書に慣れたベテラン(おたくともいう)ソーインガーにとっては,ときにイラッとくることもあるかもしれません. (←よーするに自分がイラっとしたと,そんだけのことだろう). 


とりあえずの問題点は・・・・

エプロンを着る機会がないことだ・・・・




IMG_0742m.jpg

というわけで,無目的に玄関に下げて,オブジェと化している.
そのうち草むしりの時でも着用するべ.
関連記事


  
コメント

さすがブランクを全く感じさせない縫い技術と検証記事!
市販の型紙にも、必ずkeron色入れる、この感じ、お懐かしゅうございます。
(いやほんと、洋裁趣味もウン年経ち、市販の型紙そのまま作って何が楽しいの境地に陥ってますこの頃・・)
しかし、あれこれがんばったのに、玄関オブジェ化してるのがうけるー。
てか、このオサレ画像インスタに投稿しなきゃ~。(笑)I
LINNETのパターン、以前丸衿のブラウスの買おうかどうしようか悩んだことあったけど、縫い代付きじゃないのー?ああ、しらなんだわ。

---------- ウテオンマ. URL│07/29. 09:28 [ 編集 ] -----
→ ウテオンマ さんへ
おお~,ウテさん,こんちわ!
って,ケロン色ってなんじゃ!
ウテさんが市販の型紙そのまんま作るだけ,なんぞ,ご謙遜を!難易度高い「ドM」パターンを,すごいサイクルで作りまくっているではないですか! 「そのまんま作れる」ってとこがまずスゴイのだ. ケロン冬眠中に,またスコーンとグレードアップしちまって.こーやってみんな遠くにいってしまうのさ~. 
インスタに投稿っつっても,そのインスタってのにまったくついていっておらず.最近はみんなパターンや布情報をインスタで収集交換してるのかな?? でも,ウテさんやワタシみたく,文章いっぱいいっぱい書きたい人は,やっぱりブログの方が適してるような気がする今日この頃.しばらくこのまんまで行こうぜ!(と,しがみつく)
---------- → ウテオンマ さんへ. URL│07/30. 21:58 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://porec.blog71.fc2.com/tb.php/281-43e89310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。