FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平家物語 
ハンドメイドブログですが,
今回は,本の話です.
とはいえ,ちょこっとハンドメイドと関係があります.

わたしの一番好きな本,それは・・・

新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新・平家物語 (吉川英治).全16巻.

し,渋すぎる・・・・



平家が勃興してから,壇ノ浦の戦で源氏に破れ,
鎌倉幕府が開府されるまでの歴史長編です.

高校生のときに読んでハマって,その後も何度読み返したことか.
いろんな人物がめまぐるしく浮き沈みしつつ
時代に流されていくさまは,
まさに「祇園精舎の鐘の声~」の一節そのままで,
ダイナミックで,かつ,哀しいのです.


NHK大河ドラマ「平清盛」に触発されて,
最近,また読み返しはじめたのですが・・・


なんと,意外にも,平家物語の中に,
われわれの仲間がひそんでいたのを発見!


その名は,


時子! ←平清盛の正妻




平清盛が一介の地下人から,ようやく出世し始めた時期の記載に,
こんな一節があるのを発見しました.

この建物(庭にある機屋)は,時子の希望で建ててやった15坪ばかりのもので,
二台の機織機械をすえ,半分には,染物瓶やらロウケツ染めの工具やら,
刺繍の台なども備えてある.

育児も見ながら,彼女は,童女のころ,宮中の更衣殿で習い覚えた手工芸を,
家庭でもしていた.
よほど心に合っている趣味らしく,織娘もおき,妹たちもよんで,
好きな色や図案が織物のうえに出るのをまたなく楽しんでいるふうだった.
何よりは,世間にはない,珍しい衣服を,われも着,子たちにも着せ,
人にもわけて,批評されたり,喜ばれるところに,歓びがあるらしい.




時子ぉぉぉ~~~!!(@0@)

わかるっ,わかるぞ~~~!!
時代は違えど,アナタは間違いなく,われわれと同じ魂の持ち主だわ.
もし,平安の世にブログがあったとしたら,
絶対ブログ作って,ブロ友とコメントやりとりしまくってたね!


ケロ御前(←!):
 はぁ~い,トキコ! 
 今回のロウケツ染め,超かわいい~~♪
 萌え萌え~~.

時子
 アリガト~!
 でもね,ほんとはこんなことしてるヒマないんだよね.
 夫からは,「源氏が攻めてくるから音羽山に避難しろ」って
 いわれててさぁ.
 でも,途中でやめらんなくってぇ~
 ・・・って,あれ,なんか遠くからひづめの音が・・・
 ぎゃああああああ!!


平安の世には,きっとこんな親近感わきまくりの
アホもいたに違いない・・・

というか,平成の世で,こんな「平家物語」の読み方を
しているアホも,わたしくらいなもんだろう.



なんか,全く関係ない妄想話に終わってしまいましたが.



新・平家物語,
物語が重厚なわりには,平易な文章で読みやすくってオススメですわい.




でも,妻となり母となった今,改めて読み返すと,
あまりにカンタンに親兄弟が生き別れになったり,敵味方になったり,
はては一家皆殺しになったりするので,
読んでてちとつらい.


negao

平成の世に生を受け,安心しきって熟睡中の,うちの御曹司.

平和な時代に,一般ピープルとして生まれる.
それだけで,もう十分ラッキーだね.



関連記事


02/13. 09:04 [ BOOKS ] CM14. TB0 . TOP ▲
  
コメント

なにやら胸騒ぎを覚え、はせ参じてみたらば、「平家物語」となっ!!
いや、なんだかケロ万手なら読んでそうだわ、と妙に納得しちゃったんだけどー。
古典の時間に「よっぴいてひょうと打つ」←どの辺のくだりなのか覚えてもおらん
の現代語訳を見るのに、紐解いたくらいかしらん?
大河の画像汚いについての見解は?(笑)
そうか、いいなぁ。さすがに平家物語が愛読書な男とはつきあったことないけど、山田風太郎の忍者ものが愛読書の彼は、とっても好きだったなぁ。心にこんな↑愛読書を持つ男が私は好きだわ。(ケロさん女だけど笑)
うちの子も吉川栄治読む男に育てたい!ああ、なんか最近殺伐としてるので、ブリちゃんの寝顔に癒されます‥うちはもうこんな無防備(?)な表情は見せないなぁ。
---------- ウテオンマ. URL│02/13. 09:20 [ 編集 ] -----

うわぁ、渋いの読んでますね~(笑)。
今回の大河ドラマには出てきませんが、私の名前は平敦盛から一字頂いています♪
何の関係があるのかさっぱり分からないけど、おじいさんが付けてくれました。

そして、御曹司、男の子っぽい顔になってきましたね~!!
かっこいいわー。
---------- tyuma. URL│02/13. 11:06 [ 編集 ] -----

ケロケロ、こんにちは!suuです。
ケロケロは歴女だったのか?
私は平家よりも『源氏物語』をこよなく愛する女でございまする。
いろんな人の訳で読みましたが、一番は円地文子さんのものだったなーと懐かしく思いました。
最近とんと読んでないし、映画はちょっとねーなどと思ったりして。
それにしてもブリさんの天真爛漫な寝顔をみているとまだまだ日本は平和な世の中だな~としみじみ思うわけでありました。
---------- suu. URL│02/13. 14:34 [ 編集 ] -----

いつもながら渋い趣味ですね。
歴史モノとは。。。

確かに昔の話って残酷なことが多いよね。
もしも現代に生まれていなかったら、
PCでこんな会話もできず…生まれたのが今で良かった(~_~)
これからもよろしく\(^o^)/



---------- かば. URL│02/13. 15:37 [ 編集 ] -----
楽しい記事(^^)
お、おもしろいですねー♪
コメントのお返事もおもしろくて、文章に癒されてます、、
ドクトル、、、、☆
こちらを私のブログのリンク欄に載せさせてもらっていいでしょうか?

私も歴史大好きで、史学卒業して見たものの仕事がないっ(-_-;)
楽しく歴史小説よんで、学部は経済とか行けば仕事にも役立ったと後悔してたっけ。
学部より自分の能力の問題だったかもですが、ちょっとはマイナスを減らしたかもしれませんねぇ

吉川英治の三國志と武蔵が押し入れにあった~のに、
新平家はない、、、図書館へgo しよっかな。

今さらですが、ローワンの毛糸は日本橋三越で発見しました。
夏に一部の毛糸がセールになってましたよ。
あー、でも、おととしの夏だから情報古くてごめんなさい。



---------- Shibaco. URL│02/13. 18:48 [ 編集 ] -----

きれい目女子向けと、小汚い男子向けが
交互にやってくるといわれるNHK大河。
龍馬伝以上に汚い画面を(良い意味で~)
今年は楽しんでます。松山ケンイチいいなあ…。
おっとkeronさんはこちらの平家ですか!
渋い!本格派!
私、こないだまで文芸春秋に連載されてた
渡辺淳一の、白河法皇と鳥羽上皇周辺の愛憎ものを
ついつい読んでしまって
(いやオットが買ってきたのにたまたま載ってたから~)
ドラマ見ても「おぢさま」渡辺淳一が
ぼよよんと頭に浮かんでしまう始末です。
どうしたものかしら。

いつの世にも、手仕事好きな女性がいたと知ると
時空を超えて距離が近くなりますね。
今コドモと読んでる「赤毛のアン」にも
友達の家にドレスの型紙を借りに行くとか
家を引っ越す時、おばさんが手製のキルトを貸してくれたとか
出てきます。
ロウケツ染めって趣味は、その頃既にあったんですね。
ロウケツ染めはセレブな手仕事だったのかしら。
今で言うとんん~、飯田深雪センセイのアートフラワーみたいな?
あ、古い。

---------- me+mi. URL│02/13. 21:36 [ 編集 ] -----
→ ウテオンマ さんへ
ウオ万手よ・・・ケロンの発する念が、北陸まで届いたようじゃ.
「よっぴいてひょうとうつ」(爆)!あったね、あったね、そんなの~!
「ひゃうふっと放てば」とかね~!私も古典の平家物語は、そういうへんな擬音語しか覚えてないのよ.
あとは、なんか武士が海辺に集まって、アーチェリー大会みたいなのをやって楽しんでる、ぐらいな理解しかなかったね。あの場面の緊迫感や華やかさがまったくわからなかったよ。でも、あの場面だけ切りとられて、言葉の訳だけ教えられてもねぇ・・・・何の意味もないと思うんだけど。

なぬ、ウテさんの昔のオトコは山田風太郎好きとな!
ううむ、あの変な忍術がいっぱい出てくるやつでしょう。
私はいまいち受け止められなかったけど、ウテさんと同じく、
そーいうのが好きな男性は好きかも。

息子が山田風太郎の忍術もの読んでたら・・・・
「それでこそ、わが息子よ!」とヒザを打つかも。
(いいのか、それで・・・・)
---------- keron. URL│02/14. 07:56 [ 編集 ] -----
→ tyuma さんへ
なんと!孫娘の名前を「平敦盛」からつけるとは、
私がいうのもナンですが、渋渋渋~いお爺様ですな(*^^*)

ということは、つまりtyumaさんのお名前は
「平子」「敦子」「盛子」の三択ですなっ!
はらたいらさんに10点、じゃなくて敦子に100点!

今回のドラマは敦盛さんが出てくるまではやらないんですか。
ふーむ、あのペースでは確かに敦盛さんが舞うまで3年くらいかかりそう。
残念!

ぶりさんは、だんだん目元がけわしくなって、
ハスキー犬のごとき男顔になってきました・・・・こわい・・・

ぶり
---------- keron. URL│02/14. 08:07 [ 編集 ] -----
suuさん、こんにちは!
歴女というには、読んだはずの内容をきれいさっぱり忘れてしまうので、厳密な意味での歴女と言って良いものかどうか・・・(厳密な意味の歴女って何だ???)

suuさんは源氏物語の人でしたか~。
源氏物語っつーと、「あさきゆめみし」ぐらいしか読んだことのないワタシとしましては、「あれって要するに平安のハーレクインロマンス?」ぐらいな理解しかないのですが、いい現代語訳があったら読んでみたいとおもっておりました。円地文子さん、チェックですわい。


---------- → suu さんへ. URL│02/14. 08:25 [ 編集 ] -----
かばさん,こんにちは!
>いつもながら渋い

がーん!Σ(-0-).かばさんの目には,ワタシがそんな渋ケロに見えていたとは!

ほんとにねぇ.歴史物を読むと,国が一つの政府に統一されてることとか,
警察や裁判所といったしくみが整備されてることのありがたさを
ヒシヒシと感じますわい.


これからもよろしく(*^^*)
---------- → かば さんへ. URL│02/14. 09:08 [ 編集 ] -----
me+miさん,こんにちは!
>きれい目女子向けと、小汚い男子向けが
>交互にやってくるといわれるNHK大河。

ほほう,そんな法則があったとは露知らず.
世間ではいろいろ不評のようですが,
me+miさんと同じく,ほこり色の画面,好きですわい.
なんか,こっちのほうがリアリティがある気がする.

なぬ!渡辺淳一の平家物語(の一部)なんてのがあるのか~.
うーん,とことん,ドロドロしてそうだなぁ.
でも,なんとなくドロドロの糸に引かれて,読んでしまうんだよね.
わかる~.

赤毛のアンも,おもしろいですよね~(*^^*)
去年あたり読み返して,「これってこんなに笑える小説だったっけ?」と
あらためて思い直しました.
うん,うん,リンドのおばさんが,ごっついハンドメイダーなんだよね!
どの部分か忘れたけど,「●●の奥さんが持っているりんごのキルトのパターンは,
お借りしたいと思ってたのさ」みたいなことをつぶやく場面があったような気がする・・
いろんなパターンも,ご近所で貸し借りしてたんだろね.

me+miさんは「赤毛のアン」を一緒に読めるような女の子がいて,いいなぁ.
うちは男の子で,「赤毛のアン」はムリだから,「平家物語」でも一緒に読もうかな.

「ほ~ら,こうやって調子こいてると,あっという間に足元すくわれて,
首になっちゃうんだよ~」

・・・・すごい教育だ.





---------- → me+mi さんへ. URL│02/14. 09:30 [ 編集 ] -----
shibacoさん,こんにちは!
なんと,シバさん(←!)は史学部ですか!
ううむ,確かに就職は狭き門とは風のウワサに聞いておりました.
研究員職のパイが少ないので,一度就任した人がなかなか辞めないとかなんとか.
能力の問題ではなさそう・・・

吉川英二,武蔵もおもしろいですね~!
佐々木小次郎が騒々しくて^^
三国志は,後半の諸葛孔明が痛々しくて泣けました.
あ~,懐かしい!

ローワン,シバさん情報を得て,今週末,
さっそく日本橋三越に見に行きましたわよ!
あったあった~♪ フェルテッドツイードDK,キッドクラシック,
コクーン,Revive・・・気になってた糸がじかに見られて,
至福のときをすごしましたわ(←でも高すぎて買えない)
ネットでいいなと思った色と,じかに見たときに好みの色がだいぶ違うのが衝撃でした.
やっぱり実物見られたら,見たほうがいいね.
情報ありがとう!

おっ,もちろん,リンク歓迎ですぞ!
---------- → shibaco さんへ. URL│02/14. 09:35 [ 編集 ] -----

>さっそく日本橋三越に見に行きましたわよ!

えーーっ、今までネット画像だけだったのー?!?!
毛糸は実店舗派です!って言ってたじゃん。

去年の今ごろはスコティッシュツイードアランが叩き売りされてて
私、破格で手に入れたわよ~。ぐふふふ

と、人様への返信にくいついて失礼。
本文へのコメはないんか!って?
いや、書いたらまた後悔するようなコメしか浮かばないから・・・やめとく。
大河ドラマも小説も基本フィクションなのに
そんなあたりまえの前置きぶっとんで史実と混同していく人が少なくない・・・
とか言いたくなるからノーコメントで。笑
源氏物語はその点を争わなくていいから安心して埋没できるのがいいわ~。
うんうんsuuさんらしい。
---------- ランタ茄子. URL│02/14. 10:45 [ 編集 ] -----
はろ~,茄子っち^^
えー,だって,国内でローワン糸みられるのって,
ユニオンウールだけだって思い込んでたんだもん.
三越とはな・・灯台もと暗しだよ.(←いつからアンタの灯台もとになったんだよ!by三越)
スコティッシュツイードアランの叩き売りですとぉ~~??
貴様・・さてはそれを自慢しにきたなぁ(-◇ー)

>大河ドラマも小説も基本フィクションなのに
>そんなあたりまえの前置きぶっとんで史実と混同していく人が少なくない・・・

うん,まあ,時子さんがハンドメイド好きってのも,
どこまで史実に基づいたものかわからんけどね.
学術論文書いてるわけじゃないから,ウラもとらんぞ.
そのへんはゆるめで許しておくれい.

大河ドラマでも,登場人物の何人かが小説「新:平家物語」より美化されてて
(祇園女御とか時忠おぢさんとか),「ちがーう!」とか思ったけど,
そもそも「新・平家物語」がフィクションであるわけで(^^;).
私の違和感は,むなしく冬空に吹き散らされていくのであった.

それにしても,NHKの,あの美化の仕方は,「どーでもいいキャラは,
いい人ってことにして,早めにかたずけましょう」という,
ストーリー単純化の方便なのか?と興味ぶかくみておりました.
悪人にしとくと,ドラマはより面白くなるけど,
ますます話が複雑になっちゃうもんね.


---------- → ランタ茄子 さんへ. URL│02/14. 11:24 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://porec.blog71.fc2.com/tb.php/229-1cf9314d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。