FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コシノ洋装店ものがたり ~洋裁を愛するすべての人に~
「洋裁を愛するすべての人に」


最近ミシンをうっちゃって,
編み物に没頭している私がいうのもナンですが・・・

うかつにも,朝の連続ドラマ「カーネーション」の原作とは知らず,
通勤途中の本屋さんで手に取ったこの本が
面白かったのです!

コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)



あらすじは省略.
連ドラ観てください(←オイ!)
以下,感想です.




時代は昭和初期.
女性は結婚して家庭を守るのが当たり前だった時代に,
洋裁に憧れ,家族や世間の反対を押し切って洋裁を学び,
自分で店を構えて,家族を養いつつ戦前戦後を行きぬいた,
コシノアヤコの自伝です.
3人の娘はいずれも世界的なファッションデザイナーになっています.

すさまじいのは,コシノアヤコの洋裁への執着心と,
あの時代に「女性だってやりたいことをやって生きていい」と
信じぬくことができた,メンタルの強さです.

いまでこそ,女性はいろんな生き方の選択がしやすくなり,
わたしも,

「仕事?家庭?どっち優先?」
「自分にとって理想的なライフワークバランスを!」

なんぞと書かれている女性誌を
あったかい部屋でカップめんすすりつつ,
のんきに流し読みしたりしておりますが・・・

女性が仕事をすることに対して,世間の逆風が吹きあれた時代にあっては,
はたして自分はどこまで仕事をすることに執着しただろうか・・・
「自分はやりたいことを貫いていい」と信じ切れただろうか・・・

たぶん,家族に反対されたあたりであっさり折れて,
時代の流れに乗る楽な生き方をしていたことと思われます.
ヘタレなので・・・


昭和初期と比較すると,
現代の働く女性は,ずいぶんと制度に守られていますね.
女性が働くことに対しての世間の目も,
年々緩和されてきて,ときに追い風すら感じることもあります.

仕事と育児の両立に関しては,
いろいろとグチりたいこともあるけれど,
所詮は,先人たちが死に物狂いで切り開いた,
「舗装された道」を走ってるに過ぎないと思い知らされます.

しかし,男性の道が5車線道路だとすると,
女性の道はせいぜい2車線くらいか?
いくら「男女格差がなくなってきた」と言っても,
まだまだ見えないカベがそこかしこにあります.
女性の道を名実共に広げるためにも,
がんばらねば!

・・・と,殊勝に閉めてみた.



最後に:
この本で,若干ものたりなかったのは,
当時のミシンや生地などに関することが,あまり触れられていないこと.
洋裁好きとしては,ここいらへんをもうちょっと詳しく書いてくださってたらなぁ,と
思わないでもない.

本の構成が「仕事を貫いた女性の生きかた」に焦点を絞っているので,
いたしかたないのですが.

あと,ドラマも観よっと.
(↑ほとんど観てないでこれ書いてるとこがすごいよ自分・・・)














関連記事


01/16. 09:29 [ BOOKS ] CM13. TB0 . TOP ▲
  
コメント

おっはよ~。
朝ドラ「カーネーション」、人に当然見てるでしょ、とか言われる。(←洋裁好きだから?)私も見れてないのよー。原作と知らずに買うのってなんかkeonさんらしい。(笑)

↑現代の働く女性は所詮「舗装された道」を走ってるにすぎない、って名言だわ!!ほんとそうだよねぇ。毎日ぶーぶー言ってるけど、保育園しかり、やっぱり先人が死にもの狂いで切り開いてくれた制度にちゃっかり乗っかってるだけなんだろうなぁと思う。
あはは、最後のくだり上野千鶴子がちらつくよー。(笑)
丁度今読むものがなくなったから、これいっちゃおうかな。
---------- ウテオンマ. URL│01/16. 10:36 [ 編集 ] -----
ウテさん,おはよ!
最近「週間ウオマンテ!」のペースに追いついてこれなくなってきたケロンでござる.
(箱根駅伝で,頭がゆらゆらしながら遅れ始めた選手のイメージ)

コシノ洋裁店ものがたり,読み進めていくうちに「あれ,この話どっかでみたことあるぞ・・・これってもしかして前世の記憶??」などと思ってたら,なんのことはない,ぶりさん風邪で看病中に観た連ドラ再放送でみた場面だったのだ.
自分の底知れないバカさのかげんに,ときどき恐怖すら覚えまする.

現代の働く女性は舗装道路を走ってるだけ,などと書きましたが,舗装道路ですら,転んだり,側溝に落っこちたり,道に迷ったり,車にひかれそうになったりとイロイロあるよね・・・って,結局グチっているのだ.

上野千鶴子は原著(っていうのか?)は難しすぎて歯が立ちませんでしたが,遥洋子さんの「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」という本でちょこっと上野氏の「名言集」的な文章を拝見しまして,胸がすくような思いがしました.本好きなウテさん,もしかして読んでる?あとでウテ家の本棚チェックしにいこっと.



---------- → ウテオンマ さんへ. URL│01/16. 12:32 [ 編集 ] -----

ミシンして、編み物して本も読めて(もちろん仕事も家事も)
すごいよkeronさん!!

私は今パート(午前中で終わる程度)をはじめたんだけど、
帰っても昼から時間があるにもかかわらず
製作(?)をする気になれず、
なーんにもつくってないんだよね。。。。

気持ちのなかではじゃんじゃん作ったり、編んだりしたいんだけど
切り替えができないんだな~(>_<)

働くお母さんの話ではない気がしますが、コメントしてみました。
---------- かば. URL│01/16. 14:12 [ 編集 ] -----
かばさん,こんにちは!
かばさんは,お仕事はじめたばっかりということで,
仕事にも人間関係にもなれなきゃいけないので,
今,すご~く疲れる時期なんじゃないかい?

気持ちの切り替えって,慣れるまでは難しいよね~(--;).
でも,仕事のモヤモヤを翌日まで引きずると,
モヤモヤが蓄積してますます気が重くなるから,
鶏さんみたいに「3歩歩けば忘れる脳みそ」になって,
イヤなことは当日中にwash outして,
毎日すっきり過ごせるといいね!
ワタシはナチュラルで実行できます!(←つまり真性のバカ)

ハンドメイドって,気持ちを切り替えるのに結構有効だよ!
作業が変わると不思議とあたまも切り替わって,
ざわざわしてた気持ちも落ち着く気がする.

・・・・ん,いや,まてよ?たまに
「あんちくしょー(職場の●●●),今度あったらタダじゃおかねぇ」
とか思いながら編んでたりするなぁ.(←全然,切り替わってないじゃん)

>働くお母さんの話ではない気がしますが、コメントしてみました。

「お母さん」てだけで,
いちいち「働く」をつけなくても働いてると思います(笑).
かばさんなんてワタシの4倍!すごいよ(x0x)!
---------- → かば さんへ. URL│01/16. 15:04 [ 編集 ] -----

熊の霊送りを密かに仕事としているであろうkeronさん、こんにちは!suuです。
魚天馬!と錯覚していたのは自分だけだと豪語していたのに?ウオマンテと錯覚してしかも調べていた研究熱心なケロケロには頭が下がります。
私はご多分にもれず、会社にて↑のドラマ見て昼飯食ってます。
っていうか『カーネーション』になったから見てるわけでもなく、ずっとその時間帯はNHKの朝ドラの再放送を見てるまでですが。
でも、今回は見ていていつも爽快な気分になってます。
主人公の逞しさに毎度感動を覚え、自分もそうでありたい!と思っていたのでありました。
あそこまで強くはなれないけど、少しでも近づけたらいいなとは思ってます。
---------- suu. URL│01/16. 15:08 [ 編集 ] -----
suuさん,こんにちは!
なっ,なぜワタシまでが「熊の霊送り(ウオマンテ)」!?
いやいやわたしであればむしろ「蛙の霊送り(ケロマンテ)」!(←誇らしげ・・・)
毎年,繁殖期にのこのこ出てきて車にひかれた蛙の霊を弔っているのです・・・ちーん.

なんと,suuさんは会社で「カーネーション」見られるんですねっ.
というか,suuさんもウテオンマさんも,ワタシと同じく,「
会社でお昼にカップめんすすりながらドラマ見たりネット見たりしてる仲間」(長・・・)なんですねっ!
ワタシはむしろそっちのほうにカンドウしました!

(カップ麺まで一緒にするなっ!by suu)
---------- → suu さんへ. URL│01/16. 15:24 [ 編集 ] -----

keronさん こんにちは!
この本、ぜひとも読みたいです
女性が頑張ってるモノの話は大好きなんですが
先駆者は大変ですよね


以前宮本研さんの
美しきものの伝説という
その時代の著名な
大杉栄、伊藤野枝、松井須磨子らが
登場する芝居に出演したんですが

みんな半端ない はみ出し者です
むしろ、家族や周りにはさぞや迷惑な人たちだったでしょう
野枝さんなんて7人の子持ちですからね
凡人にはまねできないパワーですね
---------- miyocom. URL│01/17. 11:24 [ 編集 ] -----
miyocomさん,こんにちは!
時代に逆らって己を貫く,強くてかっこいい女性の話,
いいですよね!
ワタシは,年をとるごとに時代の価値観にのまれていくのを実感しており,
非常に情けない思いでいるので(--;)

美しきものの伝説,ぜひ舞台を拝見したかったです・・・
私は登場人物の中では平塚らいてうさんしか知りませんが,
他の方も興味がわいてまいりました.
原作(というか脚本?)は電子書籍で入手可能なようですね.
今度,読んでみようかな.

こうやって,ブログつながりで興味の幅が広がるって,
おもしろいですね!
---------- → miyocom さんへ. URL│01/17. 13:10 [ 編集 ] -----

朝の連ドラにはまってます。

私の母方の祖父は、母が10歳のときに亡くなったのですが、戦前からテーラーをしていたそうです。
(残念ながら、母子ともに不器用で、二人ともまともに服は作れません。私は子供の服も縫ったりするのですが、くしゃみでばらばらにならないか、本当に心配です。)

祖母が、戦争が始まっても軍服とかを作っていたから兵隊にならずにすんだんだと話していました。
(連ドラでもそういったくだりが出ていました。)

働き始めるとき、魚屋かテーラーかの二択だった(?)らしく、祖父の母親が、「手に職を。」という理由で、テーラーにならせたそうです。

ドラマを見ていると、祖父はどんな風にどんな服を作っていたんだろうとか考えてしまいます。

(まぁ、今は主人公が恋に落ちる過程に、「きゃー!!」ってなってるんですが…)
---------- ぴょん. URL│01/20. 02:31 [ 編集 ] -----
ぴょんさん,こんにちは!
なんと,ぴょんさんのおじい様は,戦前からのテーラーさんだったのですか!
そのころは,ミシンも足ふみで,接着芯のような便利な道具もなくて,
裁断や縫製などは大変な労力と技術を要したのでしょうね.
そういう時代を知っている方のお話って,きいてみたかったなぁ.
ぴょんさんも,聞けたらよかったのにね・・・

テーラーさんが戦時中,兵隊にとられなかったという話も初耳です.
お医者などもも同様のことがあったとききますが,
世の中がどんな状況になっても,必要とされる技術を見につけることは,
平時はもとより,戦時でも,不況下でも強いですな!
きめた.わたしゃ今日から息子を洗脳するよ.
「手に職つけろ」ってね.(←ちなみに,ぶりさん1歳5ヶ月).

「カーネーション」は,洋裁好きにとってはたまらんドラマですよね.
私も見たいんですが・・・電車の中で本読むしかできないのよ~(><)きぃぃぃ~っ
---------- → ぴょん さんへ. URL│01/20. 09:45 [ 編集 ] -----

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

連ドラや映画の原作本って、電車の中などで読みにくいですよね・・・
「ちがーう!! 私は純粋にこの本が読みたいのー!!」
と、他人に見られないようにブックカバーをしてしまう、ひねくれものの私です。

keke,keronさん(言い慣れない・・・)だって、じゅうぶんたくましく生きているじゃあないですか!!
その姿にどんなに励まされたことか。

私なんて、せっかく舗装してくれた道があるにもかかわらず、ふと現れたドラえもんに「どこでもドア」を見せられて、思わず開けてふらっと入って、また仕事は一から。
楽に生きられない性分もほどほどにしないと。

ともあれ、これからもkeronさんのブログはもちろん、生き方にも注目しておりますわよ!!

今年は会えるかな~??
---------- なおなを. URL│01/20. 10:41 [ 編集 ] -----
な,な,な,なおなをさん,あけましておめでとう!
そうそう!ドラマや映画の原作とか,ベストセラーとか,今,旬のものに安直に乗ってる,てのがなんかイヤなんだよね!私もこの本読みながら,「ち,違うんです!ドラマの原作とは知らずに買ったんですっ!」と言いたくなりましたよ(←だれもきいてないって).

最近,カバーなしで読んでて恥ずかしかった本No.1は「スティーブ・ジョブス名言集」!
・・・大手町駅でこれ読んでるって,はずかしいでしょ(--;)

わたし,たくましいですか?
うぅ,ありがとう(:;).元気がでたよ.
そうさわたしはたくましいのさ!(←単純)

なおなをさんこそ,一度極めたものをばっさり捨てさって,
全く新しい世界に飛び込める思い切りのよさがすごい!
しかも,その新しい世界にひるんだり,後ろを振り返ったりすることなく,
新しい体験を楽しみつつ,いろんな可能性を模索しているのが,ブログから伝わってきます.
ずっとそのまま進んで欲しい.

暖かくなったら,チビ連れて会いにいくよ!

---------- → なおなを さんへ. URL│01/20. 11:04 [ 編集 ] -----

テーラーだったからというよりは、軍需品を生産していたから、徴兵されなかった、といった感じです。

(ドラマでは、主人公のいとこの勇君が、祖父の工場で軍服を作っていたから、その間徴兵されずにすんだけど、テーラーだった主人公の夫は徴兵されていました。

そして、その後軍需品を作り始めたので、ミシンは取り上げられずにすんでました。)

祖母が言うには、すごくいいスーツを作っていたらしいんですが、祖父に惚れまくっていたので、まさに恋は盲目で、誇張が入っているかもしれませんが…。

本当に、手に職つけろって言葉、この歳になって本当に身にしみます…。

私は、このドラマを夜に見てるんですが、引き込まれるドラマなので、朝に見ていたら一日どよーん、とか一日きゃーってなってしまうと思います。
戦時中のシーンとか、これを毎朝見て一日を始めるとか無理だと思っていました。同じ時代のドラマでも、前作とはかなり違います。

ドラマでは、デザイナーとしてより、商売人として、主人公がかなり魅力的だと思います。
---------- ぴょん. URL│01/21. 14:20 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://porec.blog71.fc2.com/tb.php/220-2bee8dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。