スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビストロエプロン (LINNET)
「私と息子のために,親子エプロンを作ってほしい」

知り合いからの,いきなりハードな依頼にこたえて,エプロンパターンを物色した結果,このパターンに行きつきましてん.



IMG_3146m.jpg

パターン: ビストロエプロン (LINNET)
生地: ヘリンボーン織のリネン,インディゴ色 (check and stripe)


いや,なんせ,エプロンなんて普段まったく着用しないワタシ.巷のエプロンのスタンダードな形がどんなもんかもわからず.とりあえず「エプロン 型紙」で検索したら,
 
 ・フリルヒラヒラのメルヘン系
 ・ポケットてんこ盛りの本格シェフ系

このどっちかにかたよるパターンばっかし. カンタンに作れて,シンプルで,オトナなデザインってのが,意外になかなか見つからない. そんななかで,引っかかってきたのが,高級(高額)リネン生地販売で有名な LINNET のパターンでした. パターン屋としての認識はまったくなかったけれど,レディースパターン結構たくさんあるのね.

と,いうわけで,パターンを取り寄せ,とりあえずは自分用に試作を作成. (まがりなりにも他人様にあげる予定のお初パターンをぶっつけで作る度胸はない・・・). 仕様書は手書きで大変かわいらしいのだが, パタレやMPLパターンのような手取り足取りな懇切丁寧さはなく,「細かいところは自分で考えて適当に対処してね」♥と笑顔で突き放すソフトスパルタ系. でも,ベルトを作って,ポケット付けて,見頃の生地端はバイアス処理や三つ折り処理するだけのシンプル仕様なので,ソーイングリハビリ中のワタシでもなんとかなりました. ホッ.



IMG_3143m_20150723155929ecd.jpg

パターン仕様書からの変更1.
前当ての上端の処理は,三つ折りにして,そこに首ベルトの端を縫い付ける,という仕様. これを,別布で3cm幅の見返しを作って,見頃表布と見返しの間に首ベルトをはさみこむ仕様としました.この方がベルト付け部の縫い目が表に出ないでキレイだと思ったので. しかし,ここで失敗. 脇カーブ生地端のバイアスの上端が,見返しの陰に隠れるハズが,見事に表にでてしまったのだ. いやー、こーいうことがあるから,やっぱり試作は作るべきなのだ、うん (←そして本番でまた同じ失敗をくりかえすやつ)

変更2.
ポケットは,おなかのど真ん中にお椀みたいなポケットがついてる仕様でした. これを,四角い脇ポケットに変更. ポケットの形は自作して,付ける位置は,型紙をエプロン本体にマチバリで留めて,鏡で確認しながらつけました. そして案の定、マチバリを腿に刺した. いてー.



IMG_0745m.jpg

着画でやんす.

丈が長くて,シンプルで,リボンも細く(2cm幅),大人っぽい印象.
ポケットを腰骨の高さで脇に付けたのも,縦のラインが強調されて,重心が腰の低い位置に落ち着いた感もあり、自分的には正解だったと思います. ただし,エプロンの丈がごらんのとおりかなり長く,身長165cmの私が着て,膝丈下まできます。  身長に応じた丈の調整は必須です. とはいえ、このパターンの,腰に向ってフワーって広がって,ストーンと落ちる洒落たラインを生かすには,膝丈下にくるぐらいの長さは確保するのがおすすめっす!

あとは,リボン. デフォルトは幅2cm程で細めであり,これはこれで大人っぽくて私は好きなんですが,幅3cmぐらいに広げて,よりカワイイ寄りに作るのもアリかと思います.リボンを長めに作って,首の後ろで結べるようにしたり,Dカンつけて長さ調節できるようにしたり、経験に応じて好きなようにカスタマイズするのがよろしいかと。

今回は自分用でリボンの長さ調節は必要なかったので,仕様書どおりの長さで輪っかにして見頃に固定しましたが,頭がデカイ私には,輪っかを頭が通るときに結構キツい・・・・. ギリギリ頭を通す時に、身頃にお化粧がついてしまいそうでイヤだ・・・ということで,長さが調節できるような仕様にすればよかったかなと思います。 というわけで、ワタシと同じ全国の頭デカさん、首リボンの長さを決めるときはくれぐれも慎重に!ご自分の頭が通るかどうか、実地に確認して長さを決める一手間を省くと、悲しい出来事が待っていますぞ〜(←よけいなお世話だ!)

あとは,生地選びに関して.
エプロンの丈が長く,後ろに回る生地の分量もたっぷりとってあるパターンなので,着用すると、生地の重さが結構効きます.この重さを首にかけるリボンで支えるデザインなので,あまり生地が重いと肩が凝りそう。 薄手のツイルや綾織り生地など,丈夫だけど厚くない生地を選択するのも大事だと思います.あと,指定の生地の幅は150cmですが,110cmでもいけました.


結論:
デザイン的には文句なしにかっこいい! 大人っぽいリネンのエプロンを自作したい人にはおすすめです. そこそこいい生地で作れば,プレゼント用としても使えそうだし.  ただし,1080円もする高額(?)パターンなのに仕様書が突き放し系だとか,パターンに縫い代がついてなくて自分でつけなきゃいけないとか,洋裁パターン屋さんの丁寧な仕様書に慣れたベテラン(おたくともいう)ソーインガーにとっては,ときにイラッとくることもあるかもしれません. (←よーするに自分がイラっとしたと,そんだけのことだろう). 


とりあえずの問題点は・・・・

エプロンを着る機会がないことだ・・・・




IMG_0742m.jpg

というわけで,無目的に玄関に下げて,オブジェと化している.
そのうち草むしりの時でも着用するべ.


スポンサーサイト
keron復活! クルール イージーパンツ×C&Sコットンストライプ
みなさま,大変,大変ごぶさたしております・・・
もはやケロンという生き物が存在したことすら,記憶にない方もほとんどだと思いますので,
始めまして,と申し上げた方がよろしいかもしれません.


過去記事のごとくいろいろと多忙になり,ハンドメイドの時間的余裕がとれず,
2年前にブログ中断し,このまんまフェイドアウトかとも思っていたのですが


ひょんなきっかけからソーイング熱が再燃し,再びミシンと戯れはじめました.
まー,人間,本当に好きなことからは,そうそう遠ざかってもいられんもんですな.


・・となると,やっぱり,作ったモノを見せ合って,同好の士と,「わー♥」とか「きゃー♥」とか
言い合いたくなるわけでして


臆面もなく,再びブログ再開したしだいでございます.

てなわけで,みなさま,よろしくお願いいたします.


--------------------------------------------------------------------------

IMG_3097m.jpg
パターン: ロールアップイージーパンツ(クルール)
生地: 綿ストライプ(C&S)

ゆる~い感じのストライプパンツが欲しかったので,C&S実店舗で一目ぼれしたストライプ生地を用いて,作ってみました.


採用した在庫パターンは,クルールさんの「ロールアップイージーパンツ」.

このパターン,発表された当初は,パーツの多さ,工程の複雑さから,
 「どこがイージーなんじゃ!」
 「ちっともリラックスして作れんわい!」
と,各方面から(つーか私と数人)非難轟々よせられたことは記憶に新しいですが
(↑いつの話じゃ)

当時リネンで作成した完成品が,非常に着心地がよく「ああ,イージーってのは,つくり心地じゃなく着心地のことだったんだぁ」と気が付き・・・ (←ふつう作る前からわかるわい)

結局,2着も作って,夏にはヘビーローテーションしていたのでした.



今回の変更点は・・・

IMG_3099m.jpg
①ベルト上にリネンテープを通すのをやめて,普通のベルト通しをつけた.



IMG_3102m.jpg
②後ろポケットを省略し,フラップを付けるのみとした.
(使うあてもない後ろポケットに,なんであんなに苦労せにゃいかんのじゃ!)



IMG_3100m.jpg
③ベルトにホックを2個つけた.

ベルト幅が5cmあると,ホックが2こ付けられるので,いいですね~!
ホックが2個付くと,
 ・ベルトにかかる過大な腹圧がホック2つに分散され,ホック付け部の生地への負担が軽減する.
 ・ベルトが腹肉に食い込まない.
などなど,ある特定の身体的特徴を有する人間にとって,多大なメリットがあるわけでして
(↑腹が出てるって,はっきり言わんかい!)

ぶっといベルト,バンザイ!


んでもって,着画!と行きたいところなのですが・・・

あいにく,着画撮影のための体型,じゃなくて体制が整っておらず(全身がうつる鏡がないっ、ていうか見たくないっ!)


ケロンに現実と向き合う勇気が出るまでの間、保留でございまする.スンマセン・・・

クルール ライダースジャケット
クルールの10月新着の目玉はなんといってもジャケットだった
(と思う)・・

裏地付きの,高額+超めんどくさいパターンであるにもかかわらず,
「あの」ジャケットパターンには幾人ものブロガーさんが手を出したようです.
ということは・・・

みんな,待ってたんでしょうなぁ.
こんな,手間はかかるけどかっこいい,
クルールさんの「勝負」パターンを.


9947

パターン: ライダースジャケットクルール 10月新着)
生地: コットンウールサージ キャメルイエロー(クルール


かくいう私も,10月新着でこのジャケットを見たときには,
雷に打たれたように迷わずパターン+推奨生地
(臆面もなくサンプル画像と同じ色)に手を出しましてん.しかしその後,
難易度の高さにビビって,布山のてっぺんに積んだままでいたのですが

先日,ブロ友兼師匠のsuuさんが,色違いで仕上げていたのを見たとたん,
尻の花火に火がついたごとくヤル気マンマンとなり

苦節5日間・・・・よーーーーーーーやく,ゴールインと相成りました.




9949

後ろはこんなです.

なんとなく後ろ姿の方が「ライダー」っぽい.
でっかい後ろ襟とか,ベルト通しとか.
ヘルメットかぶって,革ズボン(?)穿いて,
ハーレーに乗って「バルバルバルバル・・・・」と走り去って
いきそうではありませんか!
(↑パターン名に引きずられすぎ)



9958

裏地は,テンセルコットンチェック.
クルールさんの去年の秋の新着生地です.
なんとなく,コートやジャケットの裏地にしたらすてきだろうなぁと
妄想しつつ,タンスの肥やしにしていたのですが
今回ようやく形になりました.

しかし,裁断中に,
「まてよ,裏地がチェックってことは・・
 もしかして裏地のくせして柄合わせしなきゃいけないってことか??」
と,遅まきながら気が付きましたが,時すでに遅し.

高額生地にひとたびハサミを入れた後は,
前進するしか選択肢がないkeronなのであった.

はー,疲れた.

袖の裏地は、滑りのいい普通の黒の裏地を
使用いたしました。



9954

前身頃のフラップポケットは,
以前紹介させていただいた,
井口先生の片玉縁ポケットの作り方を参考にして,
表にステッチが出ない方法で仕上げました.

ステッチがきちゃない私にとっては,
こっちのやり方の方が数段キレイにしあがります.
(そしてステッチ技術はきちゃないまんま放置されるのであった).

すなわち,フラップの上縁は落としミシンで.

9955

玉縁の下縁も落としミシンで.

・・・って,主な変更点て,
よく考えてみればそのくらいなのであった(--;).



9957

肩のタブ・・・
トレンチ着るときも思うんですが,これって何につかうんだろう・・・

えーと,ヌンチャクの鎖を肩にかけるときに
通しておくとか・・・(それしか考えつかんのか!)


9956

今回の作成課程で,もっとも難しかったのが,この「カフス付け」.
輪にしたカフスを,表地と裏地に縫いつけるのですが,
袖口が小さくてアームホールに入らないため,
輪の内側から,数針ずつネチネチネチネチと縫いすすめなければ
いけません.これはもう苦行以外のナニモノでもない.

悪いことはいわない,ここはカフスの裏と表が同じ幅になるように
アイロンで縫い代をおって,カフスの形をしっかり作ってから
とりかかることをオススメいたしますぞ!



なお,縫製手順は,sui-sui-suuの記事に記載された

・裏地を先に縫う.
・袖タブ,肩タブ,フラップをあらかじめ作り,
ボタンホールをあけておく.

という手順をなぞりました.

初めてジャケット&裏地にチャレンジするワタクシ,
このアドバイスがなかったら,どんだけ時間がかかったか
わかりません.
suuさん,アディオス!じゃなくてありがとう!



さて,着画です.

ridersjacketchakuga

クルールさんのHPでは,前をあけたコーディネイトが
掲載されておりましたが,
私は前を閉じたときの感じが好きです.

襟が大きいので,顔がデカいのと肩幅が広いのが
カモフラージュされるのがありがたい・・・
全国の顔デカ&肩幅広しさん,朗報ですぞ(←よけいなお世話だ!)

ジャケット,というよりは,
トレンチコートの上半分を着ているようにも見えます.
メンズっぽい辛口デザインでありながら,
大きな襟がかわいらしくて,メンズぽくなりすぎない
バランスの良さがあります.

けっこうコンパクトラインなので,下には
薄手のカットソーやシャツぐらいしか着られないです.
しかし、ウール混+裏地付きなので、以外に暖かいです。
外気温12度の本日、これ着て外歩いてますが、
ちょっと暑くて前を開けたいくらい。

デザイン的にも守備範囲が広そうです.
仕事にもいける,遊びにもいける,バイクにも乗れる(免許無いけど).

なにより,こんなにしっくりと上半身になじむジャケット,
既製品でもなかなか見つけられなかったので,嬉しいだす.

ううむ,ジャケット作り・・・はまりそうである.
(そしてまた身を持ち崩す・・)





変形Vネックカットソー × レーヨンウール天竺
皆様,お久しゅうございまする.

本日,ぶりさんがお風邪を召されましたため,
昼間っから自宅に籠城中のワタクシ,
やっとこさ最近縫ったカットソーの写真を撮ることかないましたので,
はばかりながらupさせていただきます.

とはいえ,写真撮る前に着たおして
すでにヨレヨレの状態でして,
ビンテージ感満載ですが,ご容赦を.



9902

パターン: 変形Vネックカットソー(クルール)
生地: レーヨンウール天竺 ライトオレンジ (クルール)



これでもいちおうアイロンかけたんだが・・・・
(↑まずアイロンかけから学べ!)


こういう,流行りのがばぁ~っとしたシルエットのカットソーは,
胸板の広い私が着ると,
サンドイッチマンみたいに平べったく見えるため,
「ワタクシ,流行りものには興味ございませんのよ」と
あえて関心のないフリを装ってきたのですが

このカットソーは,

・Vネックである,
・前身頃の真ん中に縫合線が入る

てなわけで,平べったさがかなり軽減されるのではないか,という
一縷の望みを感じさせたので,
無関心の装いをかなぐりすてて,飛びついてみました.


縫製はカンタン.
左右の見頃パターンを後ろで接いで,肩線で接いで,
襟ぐりを同布のバイアスでくるんで,
前身頃を接いで,袖,裾リブをつけて,おしまい!
肩線の縫合時に,ちょっとあきを作るような,よくわからない
指示がでておりましたが,無視してそのまま縫ってリブつけました.
あんまり支障はないようですが・・・・
えーと・・・(あるのに気がつかないだけか?)


襟ぐりを同布でバイアスする個所は,薄手ニットなので苦戦しましたが,
次回はバイアス布を二つ折りにして,リブ付けしちゃおうと
ひそかにもくろんでおります(←どこが「ひそかに」だ・・).


さて着画です↓

henkeiV tyakuga

体型カバー力抜群なことはモチロンですが,
やはりVネック+真ん中接ぎの効果は大きい.
見頃が「板」っぽくならず,
着やせ効果があります!あるって言ったらあるんです!
(着画は全く説得力ないが・・)

使用した生地は,薄手ながらもウールが入っているためか,
コートの下に着ると,体温を保持してホカホカしてきます.
しかし,こんだけ前が開いていると,雪が降るような季節にはちと寒そう.
今くらいのハンパな季節がちょうどよいですな.


ついでに,同じ生地の色違いで,もう一着.


9904

パターン: クチュリエラインTシャツ タートルネックアレンジ(パタレ)
生地: レーヨンウール天竺 シーブルー (クルール)


大好きなクルールの「レイヤードタートルネック」がそろそろ
ピチピチ赤信号(分かる人には分かる・・)なので,
よりゆったりラインの,パタレ「クチュリエラインTシャツ」に乗り換えました.

ゆったりだけど,ウェストシェイプが入っていたり,
肩山が高かったりと,いろいろ工夫されていて,
ボディライン補正効果が高いです.


着画がないので,全く説得力がありませんが・・・


説得力のなさを痛感しつつ,
そろそろ時間も押しておりますので(←別に押してねーよ)
本日は締めとさせていただきます.
ごきげんよう~.



MPL セミストレートパンツ × れんが色のコットンツイル生地
皆様,お久しゅうございます・・・(さいきん,このあいさつばっかり)
秋らしい気持ちのいい日が続く今日この頃,
アウトドアで行楽や,料理なんかにお忙しい日々を送っておられるのでは
ないかと思います.

私は,といえば・・・・

相も変わらずの,ご近所行楽+ソーイングで
地味~な日々を送っておりました.
でも,まぁ,それが楽しいんだから,しかたありますまいて.


ずずー・・・(←緑茶をすする音)


ふー,よっこらしょっと.


では,すでにさんざん着倒している2着をご紹介です.

9720

パターン: B1010 セミストレートパンツMPL)
生地: コットンツイル,れんが色(新宿オカダヤ


れんが色のボトムが作りたくて,生地を物色すべく,
初めて新宿「オカダヤ」へ行って参りました.

場所は,新宿歌舞伎町.
こんな日本に名だたる繁華街のど真ん中に,
ほんとに手芸店なんかあるんか!と疑ってしまうような
信じがたいほどミスマッチなロケーションに,その店はありました・・・
古ぼけたレトロな店構えを見て,たいした期待もなく入ったのですが,
入ってみると品揃えの充実さにビックリ!
パンツ生地,シャツ生地,ニットなど,ありとあらゆる生地が,
安物から,8000円/mもするお高いものまで,幅広くが常備されておりました.
しかも,いかにも「手芸」っぽい雰囲気の生地だけでなく,
既製服にもなりうるような生地がいっぱい!

いちばん興味を引いたのは,ハデハデなサテン生地がいっぱい売られていたこと.
場所柄のせいか,ハデなステージ衣装用の生地のニーズがあるんでしょうなぁ.
きっとオカマバーのおねえさん達も,既製のサイズやデザインでは
間に合わないことがあるだろうから,自分で縫ってたりするんでしょうなぁ.
あるいは衣装専属の縫子さん(っていわないか今時・・)がいるとか.
ステージショーを開催する歌舞伎町のお店の中には,
すんごい縫い達人がいそうです.

そう考えると,オカダヤが新宿歌舞伎町というロケーションに
鎮座しているというのも,にわかに必然性をおびてくるのでありまして.

果たして,新宿歌舞伎町には,始めにオカダヤありきで,
その後繁華街が形成されたのか?
それとも,繁華街のニーズに応えてオカダヤが生まれたのか?

オカダヤと歌舞伎町の歴史に,にわかに興味がわいてきたのでありました.



はっ,いかんいかん,冒頭からオカダヤを語ってしまった!
これはただのソーイングブログだっつぅの.

てなわけで,もどります.
えーと,何の話だっけ.

あ,そうそう,MPLセミストレートパンツでした.

このパターンは過去に2本縫っておりまして,
今回で3本目になります.

52077617

左,ビンテージバーバリ サマーベージュ(クルール)
右,リネン タンブラーBO(日暮里 安田商店)

パターンの詳細は過去記事(生地名にリンク)にくどいほど記載
しましたので,ここではくりまえしますまい.
すとん,としたキレイなラインの,クセのないストレートパンツです.


ただ一つだけ.今回のこだわりポイント.それは・・・

9722

ポケット布が,ソレイアードの「フンコロガシ柄」~♪

むすこ あいこん ちんもくかーちゃん,悪趣味に磨きがかかったな・・・・



ぐふ,ぐふ,ぐふふふ~ (←バイキンマン風に笑う)
じゃ,次~♪


れんが色のパンツ完成後,これが在庫してるニットと
相性がよいことに気が付き,
芋づる式に(?)作りました.

IMG_9746m.jpg

パターン: 切り替えドルマンスリーブニット(クルール)
生地: コットンボーダー ベージュ×黒(クルール)

昨年,何着となく作った,ドルマンスリーブニット.
夏のパターンとして提案されておりましたが,
袖や裾がきゅっと締まったこのパターンは,
最高気温が30度を下回った今ぐらいの気候にちょうどいい気がいたします.



IMG_9747m.jpg

生地も去年のクルールさんのもの.
ボーダーのピッチや配色が,カジュアルすぎず,子供っぽくもない,
オシャレな雰囲気です.



着画です↓

catsmnn.jpg

まぁ,どうってことない組み合わせと言ってしまえば
それまでなんですが

クセのないパンツのラインを,ちょっとクセのある色で作ると,
コーディネイトが「無難」になりすぎず,
ちょっと楽しくなるような気がします.

パンツ1本でも,買うとなると,着回ししやすい「無難色」を選んでしまいがちですが,
自分で縫う分にはたいしてお金がかからないので,
けっこう「ヘンな」色にも手を出しやすくなる.
ソーイングの大きなメリットのひとつですなぁ.

てなかんじで,調子に乗って,今後は
目を疑うようなヘンな柄&色のパンツがでてくるやもしれません.

では,また!



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。