スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小さい子供用ベスト Phildar #061 Layette-Pitchoun より
世の中すっかり暖かくなって,そろそろ桜も咲こうかってころなのに

また編んでしまいましてん.ちっこいもの.


IMG_0818m.jpg

Pattern: No.27 Le debardeur (phildar #061 Layette-Pitchoun) 4歳用サイズ.
Yarn: Carino (colorway: applegreen)


久々に会う友達の子供(2歳)用に.
ケーブル編み+アーガイル様の模様のみのシンプルさが,たまらなく好みのパターン.
受け取る側からすれば,手編みのニットなんて重いモノをプレゼントされても,めーわくなだけかとも思いましたが,編みたい衝動を抑えきれませんでした.

でも,このパターン,プレゼントとしてもなかなかいいと思うんですケドね. ベストって,冬の子供用ニットアイテムとしては,いちばん使えると思うし(アウターを重ね着しやすい!あと,着脱しやすい).短期間で作れるし,比較的かさばらないし(自己弁護).

 








IMG_0819m.jpg

デフォルトだと,後ろ身頃はメリヤスのみなのですが,なんとなく手抜き感があるので,こちらにも模様編みを施しました.

使用した毛糸は,ずーっと前に毛糸のピエロさんで購入したイタリア輸入毛糸carino.薄いグリーンに,青やオレンジなどカラフルなネップが混ざった,すごくかわいいネップツイードです.化繊混で糸質はそれなりですが,ちくちく感はまったくないし,「いい毛糸すぎてもったいない!」感もあんまりないので,子供ニット向きだなぁと思いました.他の色も使ってみたい.再販はないんだろうか・・・・.






IMG_0817m.jpg

Phildarの編み解説は,目数や段数(あるいはボトムからの長さ),減らし目の頻度以外,あんまり細かいこと書いてないから,要所要所で自己裁量が求められました.以下,私の自己裁量項目です.

・前身頃と後ろ身頃は輪針でシームレスに.
・ネックラインと袖口の減らし目は,縁から1目内側の目で行った(このほうが縁のリブを編む時に拾い目しやすい)
・リブの拾い目は1目/1段.後ろ身頃からの拾い目のみ4目ごとに3目拾いました.これでだいたい指定の拾い目数になりました.



失敗した個所:

・Vネックの減らし目.拾い目をしやすいように,へりから1目内側で減らし目をしていったのですが(右側,ssk; 左側,k2tog),リブと身頃の境界線にヘンなラインがうきでてしまいました.ここはやはり一番縁の目を減らし目するか,1目内側で,右側k2tog,左側sskで減らし目すべきだったかもしれません.

・V字リブの中央部.中央部を挟んで最初と最後の2目を,それぞれ右側k2tog,左側sskで減らし目していったのですが,リブ模様があいまいになって,なんとも冴えない出来になってしまいました.一番目立つ場所なのになぁ・・・.経験値に乏しいため,どうすればよかったのか皆目わからず.ravelryでVネックのリブ部分の編み方を丁寧に記載してあるパターンで勉強したい.




んで.
出来上がって,友人にに郵送したら,翌日さっそく着画つきで御礼のメールが届きました.友人の許可なく着画upはできませんが,サイズもちょい大きめ(来年きれそう)でちょうどよさそうでした.なにより,友人の子供が,ちょっとほほえみながら,かわいく着てくれているのを見て,胸がいっぱいになりました.この充実感,幸福感はなんなんだ??? ハンドメイドものを人に送ったのは,たぶんはじめてですが,この快感,クセになりそう・・・(←迷惑だ!) 



スポンサーサイト
「PHILDAR」のベビー・子供ニット特集号 n61を取り寄せよう作戦・続報
皆様.
毎度お騒がせしております.
廃品回収のちり紙交換・・・じゃなくて


今月の新企画
「PHILDAR #61(ベビー・子供ニット特集号)を
取り寄せよう大作戦」


phil4

の,続報です(いつから企画に・・・).いままでの経緯はコチラから→



もう春もすぐそこだというのに,
なぜかノドから手が出るほど欲しい,この編み物本.
ベビーから子供まで,日本の編み物本ではなかなかお見かけしない
カワイイ編み図が満載なのです! 中身はコチラから→

PHIDARのサイトから直接購入しようとしてあえなく失敗し,
「ダメもと」で洋雑誌販売ネットショップのマガジンマートさんに
入荷希望をお願いしたところ・・・・


本日,マガジンマートさんが,
PHILDAR #61のダメもと予約受付を開始したそうです!

                      
                        ダメもと予約は,コチラから→

 tyumaさん,お知らせありがとうけろん あいこん おおっ



 「ダメもと予約」とは,入荷できるかどうかわからない商品の
 予約を受け付け,入荷が確定したらメールで通知し,
 購入できるシステムだそうです.

 「ダメもと予約」をした時点では,購入確定というわけではなく,
 キャンセルも可能だそうです.

 

これもひとえに,マガジンマートの入荷希望の投稿に
投票してくださった方々のご協力あってのことです.
ホントに,ホントに,ありがとう m(--)m


投票してくださった方の内訳を考えると

 1.このブログでPHILDAR#61を知り,「欲しい!」と思った方
 2.マガジンマートの投稿欄で知り,「欲しい!」と思った方
 3.keronを助けてやっか!と投票してくださったブロ友さん

おそらく,3通りの方が入り混じっており,
ワタシにはその正確な人数を知る由もないのですが

1と2に相当する方のお手元に,どうかPHILDAR#61が
入荷かなって届きますように!

そして3に相当する方,
ベビー・子供ニットに興味がなくとも,投票してくれてありがとう!
ウテオンマさん以外,誰だかわからんけど,とにかくありがとう!

ブログでマガジンマートへの投票を募ったさいに,
この3の方からの投票があると,
獲得票数が正確な需要を反映することにならず,
マガジンマートさんに対して,ちと反則ワザっぽいかなと
懸念しないでもなかったのですが,

「ダメもと予約」を取ることで,
マガジンマートさんが,より正確な需要を
把握できるようなので,安心いたしました.




PHILDARからの直接購入作戦(?)の経緯も記しますと・・・

PHILDARのHPから,クレジットカードを使用しての購入が
できない件について,先日,ナカムラさんが
PHILDARに問い合わせてくださったところ,
PHILDARからの返信がきたそうです.


外国のカードは
セキュリティ上の問題があり,使えないことがあります.



ええっ,そんなことって,あるの??けろん あいこん ああっ

わたしのカードは,国内外に最も広く普及している
カード会社のもので,
PHILDARのHPの支払いページにも,使用可能と書いてあるのですが・・・

カード所持者の国籍によって,セキュリティー上はじかれたり
はじかれなかったりするということなんでしょうか.

なんか,釈然としませんが,
「使えません」と居直られたら,もうどうしようもないですわな.



とりあえず,ナカムラさんの奮闘のおかげをもちまして,
PHILDARのウェブサイトの前にえんえんと張っていても,
なんの進展もないことはわかりました.


ナカムラさん,ありがとう!

いちおう,ワタシもPHILDARに問い合わせメール送ってみたんだけどね!
なんか送信の段階でコケたみたい.ごめんね~~(><)
(↑やっぱりkeron・・・・)




とにかく,今度の企画(??)を立ち上げた後に,
いろんな方からの働きかけやご協力をいただきました.

投票してくださった皆さん.
PHILDARに的確なお問い合わせをしてくださったナカムラさん.
マガジンマートの動向をいち早くチェックし,
すでにtwitterで宣伝までしてくださったtyumaさん.

本当にありがとう!





















一緒にPhildar #61(ベビー・子供特集号)を取り寄せよう!のよびかけ
ブログをこういうことに使用していいものかどうか,
若干迷ったのですが・・・・

あまり大きな問題はなさそうなので,やらせていただきます.
というか,もう,あらゆる手段を使いますとも.
PHILDARの,あの号をgetするためには!!
(かくして,物欲の前に,迷いは吹き飛んだ)



今,私がノドから手がでそうなほど欲しいのが,
PHILDARの,この号なのです↓

phil4
Catalogue Layette - Pitchoun n°61



なぜなら,この号に掲載されている・・・

phil1
このニットコートの編み図が欲しいから!

あ~,かわいい~~~(><)
編みたい~!今すぐ編みたい~!
(↑アンタ,いまどんな季節だと思ってるんだ・・)



PHILDARのホームページでこのパターンを見た瞬間,
即,「購入する」ボタンを押して,ネット購入を試みたのですが,
最後のクレジットカード支払いの段階で,
rejectされること,数万回!(←ウソ).


念のためお断りしておきますが,
ワタクシ,決してカード破産者とか,
闇金のブラックリストに載ってるとか,
そーいう人ではございませんことよ.


信じてください・・・・・


それはさておき,そのときは,
何か,ワタシの入力の仕方に問題があるのでは,と
思いつつ,解決策を見出せないまま,
なんとなく放置状態だったのですが

先日,PHILDARのウェブサイトで同様のトラブルに
遭遇した方からのコメントをいただき,
「おおっ,仲間(?)がいたか!」と闘志再燃!


何がなんでもgetしてやる気になりました.


まずはPHILDARのウェブサイトからお問い合わせ.
(つい先ほど,問い合わせフォームが開くようになりました)

しかし,PHILDARから,どれだけ親身なお返事がくるかどうかわからず,
それ以前にフランス語を解読できるかどうかはなはだ不安.

ということで,こちらのほうは望み薄なので,

同時進行でプランB


マガジンマート取り寄せてもらう

計画を発動いたしました.


マガジンマートさんは,個別の取り寄せには対応していないのですが,
掲示板に欲しい雑誌と号の取り寄せ希望を書き込み,
書き込みへの投票を募り,
同じ号の取り寄せ希望(投票数)が多ければ,検討してくれるそうです.
(tyumaさん,情報ありがとう!)

というわけで,さっそく,
マガジンマートさんの掲示板に,取り寄せ依頼を書き込んでみました!

http://www.mag-mart.jp/bbs_byid/11915


もし,このブログを見てくださっている方の中に,
ベビー・子供ニットへの関心がおありで,
フランス語の編み図も解読可能,もしくはチャレンジ意欲ありで,
PHILDARの同じ号を欲しい!と思われた方がいらっしゃったら,
ぜひ,上のリンクから,掲示板の取り寄せ希望に,1票を投じてください!
中身は,上のPHILDAR表紙画像下のリンクから,全ページ閲覧可能です.



ただ・・・・
わが親切なブロ友さんたちの中には,
「どれどれ,keronがそんなにほしいってんなら,
一票投じてやっか(やれやれ)」と,
ベビー・子供ニットに関心がないのに,
一票を投じにいってくださる方がいらっしゃるかもしれないのですが・・・

そうなると,マガジンマートさんが,余分な在庫を抱えることになり,
ご迷惑をかけてしまいかねないので,
ここはひとつ,ただの1票も入らないとしても,
静観していてくださりませ m(__)m


何卒,なにとぞ~~~!!






大人用ソックスのパターンを応用して ベビーソックス完成!
2163

パターン: SERPENTINE SOCKS(SOCKS FROM THE TOE UP)の応用
編み針: 輪針2本(5号)
毛糸: ファインコットン(ATOLL) 


前回編んだ「枯れたソックス」のパターンを応用して、
ベビーソックスにトライ!!

なんのことはない。
元パターンの目数をだいたい1/2にしただけです。
足底のサイズや靴下の長さは、
ベビーの足に直接あわせながらテキトーに決めました。

結果としては、なんの変哲もひねりもない
平凡な形となりましたが・・・
それでも、「まるっきりパターン通りに編む」、
という呪縛から離れて、
自分のイメージする大きさ、形に仕上げることのできた、
はじめての作品です~~~♪ 

色に関しては、最初は左右対称に編もうと
もちろん思ってたんですが・・・
二つ目のソックスを編むときに、
おんなじものを編むのがアホらしくなり、
「ここはボーダーを細くしたほうがかわいいんじゃないか・・」とか
「ここにはピンクがきたほうがいいんじゃないか・・」とか
いじりだした結果、このような仕様となりました。

まあ・・・・
素直に左右おんなじに編んだほうがよかったな~
というのが、正直な感想ではありますが。

いちおう、作り方ってほどではないですが・・
作った過程を追記とします。



枯れたソックスを編んでしまった・・・
2124

パターン: SERPENTINE SOCKS from SOCKS FROM THE TOE UP
編み針: 輪針2本(5号)
毛糸: COTTONWOOL(HOBBYRA HOBBYRE)


先日、ぶりのベビーシューズを編んだ毛糸で、
初めて自分のソックスを編んでみました。

一応、形にはなったが、
なんか色が・・・
そして模様が・・・

枯れてる・・・

おんなじ毛糸で、ベビーシューズの形にしたら、
かわいかったんだけどなあ・・。
パターン次第で、こんなに印象が変わるとは。
イタイ勉強になりました。

一応、着画です↓

2133

・・・
ベビースターのラーメンのようだ。
あったかいから、まあいいか。
今度はもう少しかわいい色で編んでみよう。

パターンはこちらの本から↓
洋モノですが、目からウロコのいい本でした。
今回もいっぱい感動しました!

Socks from the Toe Up: Essential Techniques and Patterns from Wendy Knits

SOCKS FROM THE TOE UP
essential techniques and patterns from WENDY KNITS


本の感想、靴下作成過程の詳細は、追記とします・・

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。