スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


らくだセーター Lyra Crew x rowan cocoon 
英国の毛糸の老舗、ローワンには、
その名も コクーン(繭) という毛糸がありまして・・・・


6618

メリノウールにキッドモヘアを混成した、
ぬめるようなツヤと、とろみのある柔らかさと重量感を持った、
それはそれは美しい糸でありまして・・・


どーしても、どぉぉぉしても、
この毛糸で何かを作りたくなりまして・・・


さんざんに迷った挙句・・・


この上なくオーソドックスな、丸襟セーターといたしました。
(結局、こういう定番ものが一番使えるのだ!)



6612

パターン: リラ・クルー Lyra crew  (ローワン コクーンコレクションより)
毛糸: コクーン Amber (ローワン
編み針: 8mm輪針(本体)、7mm輪針(リブ)



使用した色は,「Amber」という,いうなれば「らくだ色」


らくだ色 x 丸襟セーターの組み合わせといったら、
古来、もっともオバハンくさいアイテムと相場が決まっております。


思えば、危険なカケにでたものよのう・・・


しかし、この超危険な組み合わせを、
良質な毛糸とパターンで、制することはできないか?と
一縷の望みをかけてみたのでした。



6601

このセーター、シンプルながら、
ちょっとしたデザインポイントがかわいらしい。
ウェストは、ローウェスト気味に絞られていて、
リブは、流行に反して極端に短くて・・




6608

裾に、ちょっとかわった透かし編みが配されております。

写真を見たときから、「これはどういう模様編みなんじゃ?」と
興味津々、というか、
無事、解読できるかどうか、戦々恐々でしたが・・

Vの時に透かし編みを編んだのち、
最上段で、透かしの部分に毛糸をくぐらせ(計6本)、
最後に6本を一気に表編みして絞る、という、
単純ながらも、「そんなん、ありか~」的な、おもろい編み方でした。



この後は、ひたすらメリヤス編みで編んでいくだけで、
なんも難しいことはないのですが・・・

メリヤスって、目の不揃いがロコツに目立ちますね(--;)
おかげで、今まで編んだ中で、
もっとも「手編み感」ただよう仕上がりとなりました。

シンプルなだけに、腕のなさが容赦なく結果に表れる、
過酷なパターンであります。

「初心者は、メリヤスから」なんて大ウソですな。
編み物に挫折する人って、はじめにメリヤス編みのみの作品に手を付けて、
出来にがっかりしてやめちゃうパターンが
少なくないんじゃないでしょうか・・・
「初心者こそ、模様編みから」と、ワタシは声を大にして言いたい!
そして、自分にもメリヤス編みは10年早いと再確認した!







えー、続きは着画です。

前回記事にて、諸先輩方より、「着画が少ない!」と
数々の狼藉を加えられましたので
ご指摘をいただきましたので、
今回は多めにいたしましてん。
お目汚しですが、ご興味のある方のみどうぞ・・・

なんで字が小さいのだ


スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。