スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C&S キルティングベスト × C&S リバティキルト Betsy
キルティングベスト1

いろんな意味で楽しいパターンでした。

・初挑戦の副資材が使える (メートライン、ロットボタン)
・メートラインの縁取りがビシィっと決まると快感。
・C&Sのキルティングに、うっとりすりすり。

C&Sの予約販売(2011年6月)のキルティング、
ウラ(おもて?)のリバティプリントがかわいいので、
最初からリバーシブル仕立てにする気ではいたのですが、
チャコールグレーのメートラインとリバティとの相性が
あまりに素敵で、うっとりと眺めているうちに、

ポケットも両面につけて、
ポケット口の縁取りメートラインを効かせたい!


などと、欲が出てしまったのが運の尽き。


なんせ、ただでさえ厚いキルト生地。
両面にポケットをつけて一発で縫おうとすれば、
ポケット脇は、キルト5枚分。
ポケット口は、キルト5枚+メートライン8枚分の厚さとなります。
うちの家庭用ミシン(ジャノメJP510)で、はたして一発縫いは可能なのか?

結論としては、なんとか一発縫いできたわけですが。

キルティングベスト2


いやあ、大変でした。 (--;)ぬって~ほどいて~ 詳しくは追記に。



ところで、今回のキルティングベストの作成に当たっては、
C&Sさんが公開している「SEWING LESSON」の他に、
下記ブログの記事が、大変、大変参考になりました!
これらの記事をあらかじめ読んでいなかったら、
ずいぶんとヒサンな仕上がりになっていたものと思います。

  ・sui-sui-suu
  ・closet
  ・N* color

いずれも私から見れば雲の上のお方のようなブロガーさん。
(その割には、ワタクシ、ずうずうしくも雲の上にどっこりゃしょと
勝手にあがり、おしゃべりさせていただいておりますが・・)
この場を借りて、厚くお礼申し上げまする。


ワタクシ、もとから詳しいレポ記事を書くのも読むのも大好きなのですが、
近頃、もしかして、わたしの長いレポ記事って、読む側からすれば、
最近のコトバでいえば

「ウザい」    けろん あいこん ちんもくヤなコトバですねぇ~

のではないかと思い、控えておったのです。
しかし今回、上記ブログのレポ記事を、目を皿のようにして読みふける
自分に気がつき、再び考えをあらためました。
やっぱり、服が完成した直後のホヤホヤの作成レポは、残したほうがいい。
同じパターンに興味のある人にとっては、おもしろいし。
先々、誰かの役にたつこともあるかもしれないし。

というわけで、今後は、
本文はあっさり感想を述べ、
追記には、思う存分、しつこいレポ記事を吐く、

オモテ ・ あっさりしょうゆ味
ウラ ・ こってり豚骨スープ


という、二重人格的ブログ といたします。
ああ、ラーメン食べたいなぁ・・


では、あっさり目がお好みのアナタ、本日はこれまでです。
読んでくださってありがとう~。 サヨウナラ~^^

こってりレポ記事をお望みのアナタは、追記へどうぞ~。
内容は、

 ・材料 & 作成メモ
 ・両面一発縫いの問題点

作ったことのある方のご意見などいただけると、なお幸いです^^

スポンサーサイト
MPL ポートネック釦あきブラウス × ピュアリネン・スラブ天竺
前作、あまりに気に入りすぎて、
早くも2着目に着手。
もはや定番と化した感がある・・・

5036

パターン: ポートネック釦あきブラウス(Mパターン研究所)
生地: ピュアリネン・スラブ天竺 オレンジ (jack and bean)


そう、お気づきでしょうか・・・
今回は、無謀にも、布帛用のパターンをニット作成。
2作目にして、仕様書を無視。

ああ、旅の初めから、迷える子羊は、
はやくも群れから離れてケモノ道へとつきすすむのであった。
(そして行きつく先は・・・・野垂れ死に・・・)


つづきは・・・

■ このパターン、ニットで縫うのは「あり」か?
■ 着画

です。




MPL ポートネック釦あきブラウス
わたしにとって理想的な
夏のはおりものとは・・・

・布帛でできる。
・袖にも裾にもゆとりがあって涼しい。

・肩幅が広くみえない。 ←最重要事項


そんな夏のはおりものは、この世に存在しないと
半ばあきらめておりました。
しかし、先日、とあるブロ友、ランタ茄子さんが、
すんごくすてきに仕上げていたはおりものブラウスをお見かけし、
「もしや・・・これなの・・??」と
一縷の望みをかけて、作ってみました。



4974

パターン: ポートネック釦あきブラウス NO.B0809(MPL)
生地: アイリッシュリネン・ハンドウォッシュ (jack and bean)


4989

ボタンは大好きな貝ボタン。
これがつくだけで、確実に作品がランクアップするので、
もはや貝ボタン中毒と化しておりますが、
問題はお値段だ・・・
(今回は、なんと生地代より高くついてしまった!)

ああ、貝ボタン・・なんとか安価で入手できないものか。

廃棄パソコンからレアメタルを回収するように、
二束三文の古着から貝ボタンを回収できないかと
本気で検討するkeronであった。



つづきは、

■パターンについて
■着画
■生地について

です。


切り替えドルマンスリーブニット × ピュアリネン・スラブ天竺ボーダー
2着目です。

4489
4486

パターン: 切り替えドルマンスリーブニットクルール
生地: ピュアリネン・スラブ天竺ボーダー・ソフト仕上げ
    オフホワイト+グレープ (jack and bean)



パターンはともかく、
(いろんなとこで絶賛されてるから、もういいの)

この生地、すんごくいいです!




いつまでつづく hibi + 度詰め祭り!・・・・カーディガン
ちかごろ大好きなhibi+パターンと、
ちかごろ大好きな度詰めで、(←初めて来られた方は、なんだかわからないだろう・・)
春らしいカーディガンを作ってみました。

hibi cardigan

パターン: カーディガン80size(hibi+)
生地: 綿30双糸スーパー度詰め天竺 ホググリーン (jack and bean)
    綿30双糸スーパー度詰め天竺 ライトアーミーブラウン (jack and bean)
    ボーダー天竺 ミント+ブラウン (strawberry cotton)



3152m

strawberry cottonさんのボーダー天竺を、見返しに持ってきました。
(ワタシ的にはぜいたくな使い方です↑)

春や秋の、ちょっと肌寒い日に・・・
夏の冷房除けに、活躍しそうです♪

↑ちょっと、オークションの売り文句ふうに
 書いてみましたぁ!!キャ


 ・・・・・・・・・・・・・虚しい


つ、追記は作ってみた感想です。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。