スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MPL セミストレートパンツ × れんが色のコットンツイル生地
皆様,お久しゅうございます・・・(さいきん,このあいさつばっかり)
秋らしい気持ちのいい日が続く今日この頃,
アウトドアで行楽や,料理なんかにお忙しい日々を送っておられるのでは
ないかと思います.

私は,といえば・・・・

相も変わらずの,ご近所行楽+ソーイングで
地味~な日々を送っておりました.
でも,まぁ,それが楽しいんだから,しかたありますまいて.


ずずー・・・(←緑茶をすする音)


ふー,よっこらしょっと.


では,すでにさんざん着倒している2着をご紹介です.

9720

パターン: B1010 セミストレートパンツMPL)
生地: コットンツイル,れんが色(新宿オカダヤ


れんが色のボトムが作りたくて,生地を物色すべく,
初めて新宿「オカダヤ」へ行って参りました.

場所は,新宿歌舞伎町.
こんな日本に名だたる繁華街のど真ん中に,
ほんとに手芸店なんかあるんか!と疑ってしまうような
信じがたいほどミスマッチなロケーションに,その店はありました・・・
古ぼけたレトロな店構えを見て,たいした期待もなく入ったのですが,
入ってみると品揃えの充実さにビックリ!
パンツ生地,シャツ生地,ニットなど,ありとあらゆる生地が,
安物から,8000円/mもするお高いものまで,幅広くが常備されておりました.
しかも,いかにも「手芸」っぽい雰囲気の生地だけでなく,
既製服にもなりうるような生地がいっぱい!

いちばん興味を引いたのは,ハデハデなサテン生地がいっぱい売られていたこと.
場所柄のせいか,ハデなステージ衣装用の生地のニーズがあるんでしょうなぁ.
きっとオカマバーのおねえさん達も,既製のサイズやデザインでは
間に合わないことがあるだろうから,自分で縫ってたりするんでしょうなぁ.
あるいは衣装専属の縫子さん(っていわないか今時・・)がいるとか.
ステージショーを開催する歌舞伎町のお店の中には,
すんごい縫い達人がいそうです.

そう考えると,オカダヤが新宿歌舞伎町というロケーションに
鎮座しているというのも,にわかに必然性をおびてくるのでありまして.

果たして,新宿歌舞伎町には,始めにオカダヤありきで,
その後繁華街が形成されたのか?
それとも,繁華街のニーズに応えてオカダヤが生まれたのか?

オカダヤと歌舞伎町の歴史に,にわかに興味がわいてきたのでありました.



はっ,いかんいかん,冒頭からオカダヤを語ってしまった!
これはただのソーイングブログだっつぅの.

てなわけで,もどります.
えーと,何の話だっけ.

あ,そうそう,MPLセミストレートパンツでした.

このパターンは過去に2本縫っておりまして,
今回で3本目になります.

52077617

左,ビンテージバーバリ サマーベージュ(クルール)
右,リネン タンブラーBO(日暮里 安田商店)

パターンの詳細は過去記事(生地名にリンク)にくどいほど記載
しましたので,ここではくりまえしますまい.
すとん,としたキレイなラインの,クセのないストレートパンツです.


ただ一つだけ.今回のこだわりポイント.それは・・・

9722

ポケット布が,ソレイアードの「フンコロガシ柄」~♪

むすこ あいこん ちんもくかーちゃん,悪趣味に磨きがかかったな・・・・



ぐふ,ぐふ,ぐふふふ~ (←バイキンマン風に笑う)
じゃ,次~♪


れんが色のパンツ完成後,これが在庫してるニットと
相性がよいことに気が付き,
芋づる式に(?)作りました.

IMG_9746m.jpg

パターン: 切り替えドルマンスリーブニット(クルール)
生地: コットンボーダー ベージュ×黒(クルール)

昨年,何着となく作った,ドルマンスリーブニット.
夏のパターンとして提案されておりましたが,
袖や裾がきゅっと締まったこのパターンは,
最高気温が30度を下回った今ぐらいの気候にちょうどいい気がいたします.



IMG_9747m.jpg

生地も去年のクルールさんのもの.
ボーダーのピッチや配色が,カジュアルすぎず,子供っぽくもない,
オシャレな雰囲気です.



着画です↓

catsmnn.jpg

まぁ,どうってことない組み合わせと言ってしまえば
それまでなんですが

クセのないパンツのラインを,ちょっとクセのある色で作ると,
コーディネイトが「無難」になりすぎず,
ちょっと楽しくなるような気がします.

パンツ1本でも,買うとなると,着回ししやすい「無難色」を選んでしまいがちですが,
自分で縫う分にはたいしてお金がかからないので,
けっこう「ヘンな」色にも手を出しやすくなる.
ソーイングの大きなメリットのひとつですなぁ.

てなかんじで,調子に乗って,今後は
目を疑うようなヘンな柄&色のパンツがでてくるやもしれません.

では,また!



スポンサーサイト
MPL セミストレートパンツ × リネン タンブラーBO(安田商店)
♪夏が来~れば 欲しくなる~
リネンのパンツ~ でも買えない~♪

物悲しい歌の響きとともに,毎年購入を見送ってきた
リネンのパンツ・・・ああパンツ・・・

しかし,先日,山のごとき在庫布の中層に眠る,
リネン生地層を見ていたときに,
「も,もしかして,これで,夏のリネンパンツ作れるんちゃう?」と
突如ひらめいたのです!
(というか,何で今の今まで考え付かなかったのか・・)


7617

パターン: MPL セミストレートパンツ
生地: リネン タンブラーBO (日暮里 安田商店


生地は,去年の夏,日暮里の安田商店で,購入したモノです.
タンブラー加工と,ええと,BOって何だ?
・・と,とにかく,いろいろ手が加わっているだけあって,
中厚でありながら,しなやかでくたっとしてて,
チクチク感が全然ないです.
このシリーズは色展開も豊富で,どれも深みとコクがあって,
全部そろえたくなる衝動に駆られます.
先日,久方ぶりにのぞいてみたら,今年もあったので定番なのかな.


MPLセミストレートパンツは2着目. 一着目の記事はコチラ→ 
去年作ったヤツは,気に入ってガンガン着たおしました.

1.スリムに見えるストレートラインで,クセの強くないデザイン.
2.程よいゆとりがあって,着心地がいい.
3.フルレングスでも,ロールアップしてもOK.

と,春夏のパンツとしては,必要十分な条件を兼ね備えてます.
特に,相矛盾する1,2の条件を両方クリアしてるのがすごい!

未だ未着手のパンツパターンも,売るほど持ってるのですが,
なんかこればっかり作りそうな気配です.

一度作ったパターンは,サイズ感や着心地を実感済みなので,
新しいパターンのように,作成最中に,
「これってホントに着られるモンができるんだろうか・・・」という
言い知れぬ不安にさいなまれないのがいいですな.
とくに,パンツパターンはサイズ合わせが難しく手間もかかるので,
このメリットはなかなか無視できないのだ.




7618

MPLの仕様書のおかげで,ファスナー付けもなんとかクリア.
しかし,いまだに原理がわからず,いわれるがままに
あっちよけて,こっち縫ってるうちに,なんだか知らんが付いてる,
という状況です.
原理がわからん,ということは応用が効かない,ということでありまして,
この技術を他のパターンに転用しようとしても出来ないのがもどかしい.
原理を理解するために,いちど仕様書を見ずに縫ってみようかとも思うのですが,
ヘンなとこ縫っちゃって「開かずのファスナー」が出来そうでコワい・・・




7621

後ろはパッチポケット.
これを見るたんびに,何故かペンキ屋をイメージしてしまう.
シロウトくさいっていえばくさいが,
おとぼけ感があってかわいいと思えなくもない.





7616

今回はベルトの裏と,ポケット袋布に,ストライプの別布を使ってみました.
がんばったね,keronくん.
でも外からぜんぜん見えないね.


着心地は・・・・
シャリシャリしていて,さっぱりしてます!
ほどよくゆとりのあるパターンのおかげか,
動いても座っても,心配していたような拘束感は
ほとんどなかった!
リネンのパンツって気持ちいいなぁ.これを知らずに
●●十年間過ごしていたとは!
バカ,わたしってばバカバカバカ!(← おおげさな・・・別な意味でバカ)


さて,着画です,と言いたいところですが,
撮った写真があまりにピンぼけで,さすがにupしかねます.
可能であれば週末撮り直してupします(ほんとか!?)
しかし,そのころには,連日着たおしてヨレヨレになっているかもしれません.
まぁ,新品ピッカピカの画像よりは,よりリアルに近い姿といえるかもしれません.




結論:
パターンに関しては,アクが強くなくて,着やすくて涼しい定番パンツを
探しているかたには,すごいオススメです.
もちろん合うか合わないかは作ってみないとわからないけど,
試す価値はアリです!
仕様書には,パンツつくりに必要な,ポケット,ファスナー,ベルト,ベルト通しが
きれいに付けられるコツがおさえられているので,
パンツづくりの基礎本としても入手価値ありだと思います.

生地に関しても,色,感触ともに文句なし!
ただ,こちらは洗濯や着脱を繰り返して着こんでみないと
真価がわからないので,なんとも言えません.
しばらく使い勝手をためして,許容範囲内だったら,
またリネンでつくろっと.



追記: ウテさんへ.

MPLパターンのサイズ選びに関しては,昨年度,
ランタ茄子さんより以下のアドバイスをいただきまして,
以来,失敗なしの選択ができておりまする.
ランタ茄子さんの快諾を(脳内で)得まして,
はばかりながらこちらに転載させて頂きまする.

私は、 各パターンページの「仕上がり寸法」5号の数値から
サイズのページにある「標準体型9AR設定寸法」の数値を引いて、
どれぐらい「ゆとり」を入れたデザインなのかをチェック、
その差の分を、自分のサイズに足して、
それに近い仕上がり寸法のサイズを買ってます。


うう~む,なるほど!(←オマエが納得してどうする!)


5/31,ひっそり,こっそり,着画up↓

MPL セミストレートパンツ × クルール ビンテージサマーバーバリ
ストレートパンツ。
それは、私にとっての鬼門パンツ、その1。
(その2、その3と続く・・・)


ただでさえでかい骨盤が、さらにでかく見え、
太ももは実物を忠実に反映して太く見え、
足のラインは、もったりとしてやぼったく、
足の長さも実物に正直に短くみえる。
そんなパンツ。絶対穿かん方がいい。
(↑いったい、どんなストレートパンツをはいてきたのか・・・)

そう思いつづけ、パンツと言えばもっぱら
シガレットパンツのような「細め、きれいめ」なものを、
「ふぬぅ~~~!!」と要所に力を入れつつ、
穿いておりました。

しかし、最近、MPLパターンで作る服の
摩訶不思議な体型補正効果に目覚め、
「もしや、長年の鬼門パンツ(←そんな名前のパンツはない!)でも
MPLは奇跡を起こしてくれるのでは?」と
一縷の望みをかけて、作ってみました。


5207

パターン: P1010 セミストレートパンツMPL)
生地: ビンテージサマーバーバリ・ベージュ (クルール)






MPL アシメトリーブラウス × クルール キュプラコットン ベージュ
おもしろいなぁ・・・

ただ、それだけの理由で、
また作ってしまったのです。

5112

パターン: アシメトリーブラウス (MPL)
生地: キュプラコットン ライトベージュ (クルール)



3段の切り替えが入ったブラウス、というかチュニックか、これ?
切り替えは裾に対して並行でなく、
ギャザーの分布も不均等。

念のため言っておくが・・・

失敗しているわけではないの!
こーゆーデザインなの!


(↑誰も、何も言ってない・・)










MPL ポートネック釦あきブラウス × アラン風ニット 
必要か、不必要か。
適切か、不適切か。
似合うか、似合わないか。

そんなこと、おかまいなしに、

「この生地でこのパターン作ったら、
どうなるか、見てみたいっ!」


そんだけの理由で、服作っちゃうことって、ありませんか?

・・・あ、ない?
そりゃ、そーですよね~、はっはっは。
いや、どーも失礼いたしました。ぱしっ (←額をたたく音)

しかし、私は「そんだけの理由で」
また、やってしまいましたよ・・。


5076

パターン: ポートネック釦あきブラウス (MPL)
生地: アラン風ニット 杢ベージュ (猫の隠れ家

まさかの3着目・・・

これで打ち止めかと思いきや、
まだこのパターンで布消費ぜひ作りたい生地が、
少なくとも3種類は控えているという・・・
在庫生地をどんどん飲み込んでいく、
ある意味、おそろしいパターンです。



5078

身頃が上下切り替えになっていて、
生地目が上身頃はヨコ、下身頃はタテになる、このパターン。
柄に方向性のある生地で作ったら、
おもしろいんじゃないかって。
ただそれだけなんですけどね。


追記は、「今回の難所について」がメインテーマです。

■ 伸縮度の高いニットで、布帛用パターンを作る困難
■ ボタンえらび・ボタンホール問題(?)
■ 着画

それぞれ、あまりにニッチすぎてお役にたちそうもないことが
長々と書き連ねてあります(毎度のことですが)。
ご興味のある方だけ、ご覧ください。






  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。