スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アラン模様のブランケット
白いアランは永遠の憧れ・・・
でもウェアにはなかなか使えません。

なぜなら


ふくらんでみえるから。



ならば、ならば、



これからどうだ~っ!



というわけで、ブランケットにトライしてみました。

6169

  パターン: とっておき 手編みのブランケット(渡辺サト 著)  
  毛糸:  シェットランド9 col.902 ニッケビクター  (現在は「ウールランド9」の商品名)





広げると、こんな感じです。

6178

大きさ 110×80cm。
ベビー用のお布団くらいのサイズです。

デフォルトでは端正な正方形なのですが、
長方形の方が使い勝手がよいかと思い、
丈を伸ばしました。


ついでにこの画像も・・・

6179

モップスリッパを比較対象に。

全く比較にならん。

しかし、なんだか捨てがたいので載せてみました。すまぬ。



ちなみに、このひらひらの縁編み、最初に見たときは、

甘すぎる!

と、思ったので、
細編みを4周ほど加えることで、
額縁のようなそっけない縁編みにアレンジしてみたのですが・・・

6154

・・・なんか、やっぱり、ひらひらしてる・・?

うーん、許容範囲とするか??



広げてみる・・・

6155

びろびろびろ~~ん。

うわ・・なんだ,この,きもちわるい海の生き物みたいな物体は!
これはどう考えても許容できないでしょう.

どうしてこんなことになったのか??
縁編みをするとき,拾い目は少な目に拾ったつもりですが、それでも多すぎたのか。
いや、そもそも拾い目の目数の問題ではないかもしれない。

もしも,再度編むことがあったら(たぶんないけど),
編みはじめと編み終わり,両端に
ガーター編みを加えようと思います.
海外パターンを見ると,棒針編みのブランケットは,
縁にガーター編みを加えてるものが多いように思います.

とにかくこの時点で,自己流アレンジを極める気は失せ、
ほどいてデフォルトどおりにしたがうことになりました。

つまりは,最初から素直に本の通りにすればよかったのだ。
(いままでに何度この言葉を繰り返したことか・・・)




ゆかいな失敗がもう一つ。

さあ、どこが間違っているでしょう?

6152

答え: ダイヤ編みが、途中から縄編みになってる!

察するに、本来は二ひねりするべき個所を、三ひねりしてしまい、
それ以降は、「この列は縄編み」とかんちがいして
編み続けていってしまったのでしょう。
(↑他人事のように冷静に分析)

それにしても、この高さに至るまで気が付かなかったのか。
何も考えずに編んでる証拠ですな。

気付いたときには、もはやほどく気にもなれず、
「いいや、どうせ自宅用だし」といつものごとく開き直り、
なにごともなかったかのようにダイヤ編みに合流しました.


ま、このくらいのどでかいボケをかましてた方が、
愛嬌があっていいってもんです。
(↑すげー言い訳・・・)

他にも、ボッブルの大きさがばらばらだったり、
はては裏側に突出してたりと、
細かい(?)アラを羅列すればきりがないのですが・・・

とにかく、このブランケット

デカい。ぬくい。

この2点をクリアしているだけで、良し、といたします!




長くなったので毛糸に関しては、また後日・・・



あ,そうそう.
試験は合格しましたぜ,なおなをさん!
これでもう勉強しなくてすむから嬉しい.
(↑日本人的発想)

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。