スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このアウターにムネアツ! ケープ風カーディガン
「このアウターにムネアツ!」

通勤電車の吊り広告で見をひいた,
某男性ファッション誌の,このサブタイトルを目にしたとき,
私はこみあげる笑いをこらえつつも,
タイトル決定時の編集者たちの苦労に
思いをはせずにおられませんでした.

意味するところは,「胸がときめく」とかそういうことなのでしょうが,
男性誌ゆえ,まさか「胸キュン!」だの「ドキドキ!」だの使うわけにもいかず.
かといって「萌え~」ではアキバ系になっちゃうし.
迷った末に時間切れで,「もーいいよ,ムネアツでいこう!ムネアツで!」と
誰かがヤケクソぎみに決めたのでしょうか.
もしかしたら流行語大賞になっちゃうかも?などと,
怖いもの見たさで静観しておりましたが,
残念ながら,順当に世の中からフェードアウトしていってしまいました.


それはともかくとして・・・


ワタクシ,先日突如として「このアウターにムネアツ!」状態となりまして,
発作的に編み上げました.



6702

パターン: ケープ風カーディガン (リネンのハンドニットⅡ 桜間よりこ
糸:    コルトレイクリネン ジュリア メランジ




 リネンのハンドニットⅡ 四季の物語




ニッターさんたちの間で,昨年熱いブームをまきおこしたこのカーデ.
なにをいまさら・・・という感がなくはないのですが,


ブームのころは全く興味がなかったのに,ある日,
「1kg16000円もする麻ひもで編んだニットって,どんなモンなの?」と
にわかに興味がわきはじめたら,もう抑えがきかなくなり・・・





コルトレイクリネン ジュリア1

数週間後には,指定糸「コルトレイクリネン ジュリア メランジ色」の
1kgコーン巻きが,どどーんと届きました.ううむ,デカい・・・
しかし,これで引っ込みがつかなくなったぞ.




コルトレイクリネン ジュリア2

グレー,白,ベージュの絶妙なメランジカラー.
硬さは,撚りがゆるくて,ふつうの麻紐と比べたらやわらか目.

ただ,柔らか目とはいっても,
メリノウールを編み続けてきた身からすると,当たり前ですが
硬いこちゃ硬い.
オマケにケバも多いし,太さのばらつきもある.
「うーん,これでウェア編んでどーなるの?」と
若干不安になりました.

とにかく,「リネンの編み糸」というものをはじめて
目にした,見る目のない私には,この時点ではあくまで
「オサレな麻ひも」にしか見えなかったのですが・・・・




6705

いったん編地にすると,実にすてきなんですわ,コレが!

ナチュラルなんだけど,クールで都会的な雰囲気も
かもしてくれる.
ウールとはまた別種の魅力があります.

編地にしたときに素敵な糸が,いい糸なのだ!

しかし,編んでるときのホコリは,前評判どおりすごかった(--;).




さてさて,着画です.

chakuga

前身頃が肩をこえて,そのまま後ろヨークに連続する,というデザインで,
前身頃~後ろヨークがを,ショールのように肩にひっかける,
という感じの着方になります.

長い前身頃がつくるドレープと,コンパクトな後ろ身頃との対照,
後ろ見頃のヨーク切り替え,
おもいっきりドロップショルダーな袖との切り替えがアクセントです.

いまにも肩からずりおちそうなんですが,
前身頃の重さがあるせいか,案外おちついて
肩におさまっていてくれます.

肌に触れた感は,つるつる,しなっ,さらっとして,
チクチク感なし.きもちいいぞ!



結論:

期待どおり,さっと羽織っただけで,ちいっとばかしあか抜けて見える
ええカーデガンですわ~.(←あ,あか抜ける? カ,カーガン?)
十分,お値段と労力に見合うプロジェクトですぞ,これは!
「ホコリ問題(追記)」さえなければ,色違いを追加で購入して
ゆるーいロングカーデとかチュニックなんか編みたいんだけどなぁ.ううむ・・



↓色違いたち. やはり基本のフラックスがすきなのだ・・

 






追記は,パターンと毛糸のより詳細なレポです.
ご興味のあるかたのみどうぞ.










スポンサーサイト
02/27. 09:10 [ others ] CM26. TB0 . TOP ▲
タビシューズ(桜間よりこ) アレンジ 「ぶりシューズ」!
最近は本格的に寒いですね~.
ここ,千葉でも路面が凍りつき,
今朝はぶりさんを抱えて,すっころばないように
えっちらおっちら歩きました.


ぶりさんの保育園送迎時は,主に抱っこヒモを使用しているのですが,
抱っこヒモからぶらんとたれた足が,
靴下はいてても寒そうなので・・・


なので・・・


急遽,作りました!



6390

防寒ベビーシューズ



作り方は,こちらをアレンジしました↓
アレンジ方法は記事の最後に記載)




タビシューズ」のアレンジ.名づけて・・


ぶりシューズ

むすこ あいこん ちんもく いちいち名前つけなくていいから・・


6391

このクツの暖かさ,履き心地のよさは,先日,自分用に作った「タビシューズ」で
日々堪能しているのです.
こいつになら,ぶりさんの防寒をまかせられる!






毛糸は前回,自分用の「タビシューズ」を作った,
Malabrigo worsted(Brilliante)の残り.
これでキレイに使い切りました.



今度使うとしたら,防縮加工されたこっちかな.






大人用では,ゲテものっぽかったMalabrigoのBrillianteも,
赤ちゃんサイズだと,なんともかわいらしいですなぁ.

6258
↑オトナ用.ゲテモノ.でも愛用.



実際にはかせたところ:

6446

お風呂上りにミルクを飲んでて,
おとなしいスキをねらって,写真を撮りました.



6441

外出時は,靴下の上から,スポっとはかせてます.
これで,極寒期の保育園の送迎時も,
抱っこヒモからぶらさがった足がぽかぽかのまま
目的地までいけます.

足の甲を深めにしたので,すっぽぬけにくいです.
でも,はき口はけっこう伸びるので,
ふつうのクツより着脱しやすいです.


いや,これ,優秀だわマジで・・・

すごい,すごいよ自分・・・

(↑いや,すごいのは桜間さん・・・)




冬使用のベビーシューズとして,堂々とプレゼントにできるぞこれは!
だから,だから,誰か生んでくれ!おーい!




むすこ あいこん ちんもく  かーちゃん,たまにはいいことするな.たまにね.






というわけで:
タビシューズ」シリーズ,まだまだ続きそうです.
しつこく繰り返しますが,このパターンは,
かわいくて暖かくて実用的な上に,
編み方がシンプルなので,サイズ調整やアレンジが容易なとこがすごい!
自分にとっての,ルームシューズの作り方のスタンダードです.

けろん あいこん にやり ありがとう桜間さん!(←届かぬ声)
 






アレンジ方法:

基本的な編み方は,「タビシューズ」と同様.

「タビシューズ」の親指をつけずに,
そのまんま足の甲から踵まで編んだだけです.
つま先の増やし目も,踵の減らし目も,指示通り.

ただし,幅はぶりさんの足に合わせて,
作り目を増やすことで広げました.

足の甲や,はき口の大きさは,編みながら,
ぶりさんの足に直接あわせながら,段数を増減して
調整しました.


タビシューズ
みなさま、明けましておめでとうございます。

新年早々、いきなりですが、
このフォルムのかわいさにやられました。

6223mm

タビシューズ桜間よりこ
毛糸: リッチモア スターメツイード(col.212)×3玉 ←キットは2玉のみ


著名な編み物ブログ「kaushika」で、
桜間よりこさんデザインの、この「タビシューズ」が紹介されていたのを拝見し、
かわいいなぁ、ほしいなぁ、と指をくわえてみていたところ、
「毛糸のピエロ」さんで、編み図付きのキットが販売されたと聞き、
迷わず飛びつきました。




6228

この、すっとぼけた、ぬけ感のあるフォルム。
「おばあちゃんぽさ」、「やぼったさ」と隣り合わせの、
きわどいかわいらしさ。

好みのツボど真ん中です。



6230

編み方の基本は、かぎ針で、「引き上げ編み」という、長編みの変法です。
段と段の境界があいまいで、列のラインが強調され、
一見、棒針のハイゲージなメリヤス編みのように見えます。
しかし、メリヤスより編地ははるかに厚く、しっかりしてます。
まるで草履でも編んでるようでした。

私は、かぎばり編みの「長編み」や「細編み」のように、
段の境界がはっきりした編み地がときにかもす、
「クラフト感」というか「手芸感」があんまり好きでなかったのですが、
かぎ針でこういうざっくりした編地ができるのか!というのは
新鮮なおどろきでした。


指定糸の「スターメツイード」は、
メリノウール50%とアルパカ20%に、アクリルが30%入ったツイードです。
ちくちく感が皆無でやわらかい肌触りなので、履き心地もいいし、
アクリルが入ってるのでお手入れもしやすそうだし、
ネップの入り方が、この編地にぴったりです。
この毛糸のチョイスにも脱帽です。


今回選んだ「col、212」は、和菓子っぽい桜色+グレー+ベージュを基調として、
鮮やかなピンクのネップが入った、非常にかわいらしい糸です。
実店舗で見ていたら、たぶん選ばない色ですが、
編みあがってみると、素朴でほっこりした、
「田舎のかわいいおばあちゃん」ぽさがあって、大満足。


1日や2日で編みあがるので、
週末だけ、ちょこっと編み物とお付き合いしたいような時には
わるくないprojectです。

そして、贈り物にもすごくよさそう!
これを編み上げた後、贈りたい人の顔がたくさんうかびました。

しかし、夫に相談したら、「ビミョー・・・」とのこと。
どうやら、シャレにならんほど、おばあちゃんぽく見えるらしいです。
まあ、私は「おばあちゃんぽさ」こそがかわいいと思うのですが、
こういうのは好き好きだからなぁ。

どうかなぁ。
正真正銘のおばあちゃんに送ったら、
喜んでもらえるだろうか・・・う~ん。


*追記は、サイズ調整についてと、使用した毛糸量についての
 覚書です。




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。