スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「Phildar」の耳あてつき帽子 しつこくカスタマイズ・・・
ほんっと、しつこいようですが、
先日編んだ、Phildarの耳あてつき帽子をさらにいじってみました。
こうなったらものはためしだ!
徹底的に遊んじゃえ。

1993

モコモコのチョコ色の毛糸で、
縁取りをしてみました。

Phil douce brown

使用したのは、海をわたって本日届いた
PHIL DOUCHE (Phildar)。
想像通り、とてもふんわりのきもちいい~毛糸です。
(さいきんよく見かけるmocomocoソックスみたいな感触です)。
ベビー用のみならず、自分用にも使いたい。

さて、何を編もうかと考えていたところ、
Phildarの耳あてつき帽子が掲載されていた同じ号に、
こんなパターンが載っていたことを思い出しました。↓

fa

PHIL DOUCHEを縁取りに使って、
一見、ファー付きコートのように仕上げています。

おお、おもしろい使い方だ!
まねっこしよう!

ということで、耳あてつき帽子を餌食にすることに決定!
縁取り方を解読する気力がなかったので、自己流に、
かぎ針でぐるりと2周、短編みを加えました。

・・・ファー付きにはとてもみえんが、
帽子の縁がふわふわになったので、
ぶりにとっては、より快適かと思います。

Phildarみてると、編み方や毛糸の使い方などが
どの作品も一工夫あって、
いろいろ触発されて楽しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
↑よかったら、応援してね!



スポンサーサイト
耳あてつき帽子 かぶせてみた!
Phildar手編みベビーニット、第3弾!
Le Bonnet(耳あてつき帽子)、かぶせてみました。

1951


1954

パターン: Phildar(No037-T10-012),  サイズ:6-12カ月用
毛糸:   やわらかラム(ダルマ), 1玉, col 8
成分:   アクリル60%, 毛(ラムウール)40%
針:    棒編み針7号(2本), なわ編み用針

サイズはぴったり。(ぶり3カ月なのに・・アタマでかい??)
本体がゴム編みで、耳あてもついているので、
頭をすっぽり覆って、程よくフィットして、
脱げにくいのもよいです。
なわ編みとゴム編みのバランスや形も、佳し。
このへんは、さすがPhildar・・・です。

しかし、難点は耳あての縁どりです。
Phildarの解説のまんまだと、
縁を2目(あるいは2段)内側に折り込んで縫う、
とのことだったんですが・・
私ていどのウデでは、アウトラインがきれいに仕上がらない。

何か解決策はないだろうか・・・。
かぎ針で縁取りをしたらきれいだったかな。

とにかく・・・・
編み手の腕によって出来が左右される、
という意味では、難しいパターンだったかなぁ、と思います。
(仕上げるの自体はかんたんなのですが・・)

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りベビー用品へ

↑よかったら、応援してね!





  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。