スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1歳児の夏服・実際に使えたものは何? 「ぶりのたんす」No.5
夏の暑さも、いつの間に和らぎ、
そこかしこに秋の気配を感じるようになりました。

たとえばセミの死骸とか。

むすこ あいこん ちんもく かーちゃん、上を向いて歩こうよ・・・

そろそろ、1歳の息子用に、いっぱい作った夏物とも、
オサラバの日が近づいてまいりましたので、
ここいらで恒例のまとめをいたします。
(過去のまとめは、右コラムの ♪ぶりのたんす♪ から)

まあ、よくよく考えてみれば、
夏の終わりに夏服のまとめをしたところで、
いったい誰が喜ぶんじゃ、という気もしますが・・

例えば来年の春あたり、
「そろそろ1歳になりそうな息子に夏服を作りたいんだけど
何を作ったらいいかわからない
ソーイング暦1年未満かつ子育て初めてのママ」
なんかが、
このブログに迷い込んだときなんかに、
少しはお役に立つのでは・・と思います。

つまりは、実にニッチな層のニッチな状況を
ターゲットにした記事ということになりますね。
なんだかやる気がうせてきましたが、
気を取り直して続けましょう。


なにをかくそう、実は、この特集(?)、私の切なる願いを、
カタチにしたものでもあります。

かくいう私も初ママでして、毎シーズンごとに、
息子に何を作っていいのかわからない。
そんなときに、欲しいのは、作ってみてかわいいよ♪という情報もさることながら、
「実際に使ってみてどうだったか」の情報。
だけど、後者の情報はなかなかでてこない・・・。

まあ、誰しも、過去を振り返るのはいささか気が重いもんです。

しかし、例えば夏生まれの2歳児、3歳児なんかをお育ての
ソーインガーさんが、各シーズンごとに
「作った服を実際に使ってみた後の感想」を
ぽろぽろと落としていってくださったら、
私は金魚のフンのようについていくのに・・・
(↑ついてこんでいい!)

などと、いったい誰に向けてるのやら分からない願いを
小瓶につめて、秋の海に投げ込みながら・・・


そろそろ本文に入ろうかと思います。


あっ、その前に基本データを:
 
 対象期間:   2011年7月~9月 
 息子の月齢:  0歳10ヶ月~1歳0ヶ月
 息子のサイズ: 身長75cm、体重8.2kg (0歳11ヶ月時点)





あかちゃんの服、てづくりの服
月居 良子 H.H.
4579111001


結論から言えば、
この本に載っている、布帛で作った服が
主戦力となりました。

まずはトップスのシャツ(80cmサイズ)。

4943 3657
4691 4722
左上、コットンリネン; 右上、ダブルガーゼ; 左下、リップル; 右下、着画

気が付いたら、この4枚を、洗っては着せ洗っては着せてました。
なんでそんなにヘビロテしたのか、を振り返って考えてみると・・

 ・前あきなので着せやすい。
 ・デザインがかわいい。
 ・ゆとりがあるので、すずしくて動きやすい。ぶり談(←ウソ)

素材は、どれもよかったですが、一番よかったのはコットンリネン。
さらっとして、ぱりっとして、
汗も吸ってくれて、洗濯後の乾きも早かったです。
リップルも涼しげでしたが汗をあまり吸わず、
服の中で、背中から汗がたら~っとたれてる感じでした。
リップルってそういう生地なの?
これって着心地どうなのよ?
自分服で試そうと思っているうちに、夏は終わった・・・・


次にボトムスのパンツ(80cmサイズ)。

3661 ダブルガーゼ ハーフパンツ
4758
左上、コットンリネン; 右上、ダブルガーゼ; 左下、コットンリネン; 右下、ダブルガーゼ

これもなんでヘビロテしたかと振り返ると・・・

・裾がワイドなので、はかせやすい。
・ハイハイするときも膝をカバーする長さである。
・デザインがかわいい。
・上のシャツとおそろいで作ったので、必然的に手に取った。

最初のうちは、ハイハイのときに裾が足にひっかかったりしたので、
裾にゴムをいれてかぼちゃパンツ(通称かぼぱん)にしていたのですが、
いつの間にか、そんなことをせずとも支障なくなりました。
ぶりが大きくなったのか、
洗濯を繰り返してパンツが縮んだのか、
その辺は不詳ですが。


とりあえず以上です。
あとは、ニットで作ったTシャツとスパッツを
保育園でのお着替え用に2組ほど。
数的には、上下あわせて6組ほど作ったら、
余裕でローテーションを組めました。




改めて振り返ってみると、
よく使えた服の条件は下記のようになりました。

 1.着せやすい(ゆとりがある、前あき等々・・)
 2.上下セットで作ってある。
 3.デザインがかわいい。
 4.着心地がよさそう。

特に1,2は、作った当初は意識してませんでしたが
以外にも重要ポイントでした。
着せやすい服は、子供の機嫌や気分にかかわらず、
ぱぱっと着せられるし、
上下セットで作っておけば、
服を選ぶ際にコーディネートを悩む必要がない。
朝、忙しい保育園児ママにはポイント高いです。


とりあえず、本日はこれまで。
次回は、夏のニット地選びの光と影・・・(←?)
あるいは、「作ったはいいけど、あんまり使わなかったものの検証」でも
やろうかな。



スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。