スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MPL ポートネック釦あきブラウス × アラン風ニット 
必要か、不必要か。
適切か、不適切か。
似合うか、似合わないか。

そんなこと、おかまいなしに、

「この生地でこのパターン作ったら、
どうなるか、見てみたいっ!」


そんだけの理由で、服作っちゃうことって、ありませんか?

・・・あ、ない?
そりゃ、そーですよね~、はっはっは。
いや、どーも失礼いたしました。ぱしっ (←額をたたく音)

しかし、私は「そんだけの理由で」
また、やってしまいましたよ・・。


5076

パターン: ポートネック釦あきブラウス (MPL)
生地: アラン風ニット 杢ベージュ (猫の隠れ家

まさかの3着目・・・

これで打ち止めかと思いきや、
まだこのパターンで布消費ぜひ作りたい生地が、
少なくとも3種類は控えているという・・・
在庫生地をどんどん飲み込んでいく、
ある意味、おそろしいパターンです。



5078

身頃が上下切り替えになっていて、
生地目が上身頃はヨコ、下身頃はタテになる、このパターン。
柄に方向性のある生地で作ったら、
おもしろいんじゃないかって。
ただそれだけなんですけどね。


追記は、「今回の難所について」がメインテーマです。

■ 伸縮度の高いニットで、布帛用パターンを作る困難
■ ボタンえらび・ボタンホール問題(?)
■ 着画

それぞれ、あまりにニッチすぎてお役にたちそうもないことが
長々と書き連ねてあります(毎度のことですが)。
ご興味のある方だけ、ご覧ください。






スポンサーサイト
MPL ポートネック釦あきブラウス × ピュアリネン・スラブ天竺
前作、あまりに気に入りすぎて、
早くも2着目に着手。
もはや定番と化した感がある・・・

5036

パターン: ポートネック釦あきブラウス(Mパターン研究所)
生地: ピュアリネン・スラブ天竺 オレンジ (jack and bean)


そう、お気づきでしょうか・・・
今回は、無謀にも、布帛用のパターンをニット作成。
2作目にして、仕様書を無視。

ああ、旅の初めから、迷える子羊は、
はやくも群れから離れてケモノ道へとつきすすむのであった。
(そして行きつく先は・・・・野垂れ死に・・・)


つづきは・・・

■ このパターン、ニットで縫うのは「あり」か?
■ 着画

です。




MPL ポートネック釦あきブラウス
わたしにとって理想的な
夏のはおりものとは・・・

・布帛でできる。
・袖にも裾にもゆとりがあって涼しい。

・肩幅が広くみえない。 ←最重要事項


そんな夏のはおりものは、この世に存在しないと
半ばあきらめておりました。
しかし、先日、とあるブロ友、ランタ茄子さんが、
すんごくすてきに仕上げていたはおりものブラウスをお見かけし、
「もしや・・・これなの・・??」と
一縷の望みをかけて、作ってみました。



4974

パターン: ポートネック釦あきブラウス NO.B0809(MPL)
生地: アイリッシュリネン・ハンドウォッシュ (jack and bean)


4989

ボタンは大好きな貝ボタン。
これがつくだけで、確実に作品がランクアップするので、
もはや貝ボタン中毒と化しておりますが、
問題はお値段だ・・・
(今回は、なんと生地代より高くついてしまった!)

ああ、貝ボタン・・なんとか安価で入手できないものか。

廃棄パソコンからレアメタルを回収するように、
二束三文の古着から貝ボタンを回収できないかと
本気で検討するkeronであった。



つづきは、

■パターンについて
■着画
■生地について

です。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。