スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏のベビーシャツ ×2
夏にいちばん涼しい生地って、な~んだ?

こたえは、「リップルやサッカー」 なんだそうで。
(一説には・・・)。

一番涼しいっていったら、ダブルガーゼかリネンでしょ。
という認識だったワタシ。
「リップル」だの「サッカー」だのいわれても、
ぜんぜんイメージわかなくて・・・。

調べてみたら、

「いずれも、表面に凹凸感をつける加工を施した生地」
「肌にひっつかないため、通風性があり涼しい」

だそうで。

ほうほう、ふう~ん・・・

ん?

何か、記憶にひっかかるものがあり、
膨大な布山をざくざく掘り起こしたら・・・

あるじゃん、ぽこぽこの生地!
たしか、地元の手芸店で、100円/mで買ったやつ!

思わぬ拾い物をした気分♪、と、うれしくなり、
(↑自分で買ったんだけどね・・おめでたいヤツ)、
さっそく作ってみました。

息子、ぶり用のシャツ×2!


4691

パターン: シャツ。(あかちゃんの服、てづくりの服;月居良子より)
生地: リップル生地(地元手芸店で入手)

つづきは

■パターンと本について

です。




スポンサーサイト
ジャスト1歳児のTシャツパターンを探す旅・・・
わたしがここ最近何をしているかというと・・・・

ぶりに着せる春(7か月目前後)のTシャツ+ボトム(70cmsize)を作り終え・・・・

ぶりに着せる夏(12か月前後)のTシャツ+ボトムのパターン(80cmsize)を
検討中です・・・。

むすこ あいこん がーん かあちゃん、また先走ってんのか!!


とりあえずの候補はコレ↓
2580

Tシャツ: ベビーTシャツ(RickRack)
スパッツ: ベビースパッツ(PatternLabel)


RRさんのクロスショルダーのTシャツは、ロンパースバージョンをいくつか作って作り慣れているし、頭がでかくなっても心配なさそうだし、かわいいし、で第一候補だったのですが・・いくつか問題点が発覚。

・今(1月)の段階で、この70cmsizeがぴったりなので、
 夏ごろにはおそらくサイズアウトしてしまう可能性大。
 ワンサイズ上のパターン
 購入しなければならない・・・(←どこが問題なんだ)

・いいかげん、作りあきた。

・えりぐりのバイアス処理が結構難しい(技術的に+生地選びが・・)

とくに3番目の問題がワタシにとっては結構難関。具体的に言いますと・・・襟ぐりのバイアスをスムースニットで作ると、生地によっては洗濯を繰り返すうちにだんだん伸びてきてしまうことがあるのです。 一方、天竺ニットで作ると、バイアスの内部で生地端が丸まってしまうためか、ごろごろと厚ぼったくなってしまうのです(←ただ単に私がヘタクソなだけ)。 とりあえず、春の長袖Tシャツを作ったときは、スムースニットを使用し、襟ぐりには伸び止めテープを貼る、という対処法をとりましたが、夏生地として天竺ニットをたんまり買い込んでしまった私は、天竺ニットでバイアスする際に、ごろつかずに仕上げる方法を思いつかず・・・問題を放擲し、別のパターンに逃げるという安直な選択をすることにいたしました。(どなたか、伸びない、ごろつかないクロスショルダーを作るコツがあったらご教授ください・・)。


44

パターン: Tシャツ(ロックミシンで作るベビー服・LaLaLa5)

まずはベビー服の定番パターンを0歳~2歳サイズまでとりそろえているこの本から。
妊娠中にいくつかTシャツを作っていたので、着せてみると、まあまあよいのですが、ぶりさんにはなんだか首まわりがキツそう・・(こどもの体型にもよるのでしょうが)。 やわらかいスムースやフライスで作れば、ちょっと首がつまっても問題なさそうですが、わたしが消費したいのは天竺なのよっ (←最初っからスムース買えばいいじゃん、と思ったが後の祭り・・)。

ああ、こうなると、もう手持ちのTシャツパターンはない・・。
かといって、ほかのパターンを新たに購入するのも
なんだか気が進まない・・
手元にあるもので、なんとかならないだろうか・・
う~ん、う~ん・・・

と、考えた末、いきついた苦肉の策(?)がコレ↓

2579
パターン: ロンパースのアレンジ(ロックミシンで作るベビー服・LaLaLa5

Tシャツが掲載されていたのと同じ本に載っていたロンパースの見頃を、Tシャツの丈に切って、ふつうのラグラン袖のTシャツにしてみました。 このパターンは、レシピ通りのロンパースを以前作っていて、襟ぐりもきつくなく体型にあっているのは確認済みなのです。肩あきがあるので、天竺で作ってもなんとか頭は通りそうだし、襟ぐりも伸びなさそうだし。 とりあえずこれで行こうと思います。

それにしても、ニット生地を選ぶのはけっこう難しいなあ。
どのパターンも、どんな生地を使ってもいちおう形にはできるけど、仕上がりがきれいで、着心地がいいものを作るには、各パターンにあった生地を選ばなければいけないのですね。 しかし、実際に作る前から、パターンを見ただけでベストチョイスの生地を見抜くのは、私ごときには100年早いのであった・・・。もっともっといろんな生地に触って、いろんな失敗をして、経験をつまないといけません。

そして、納得のいくものが作れるようになるころには・・・

ぶりはもう、大きくなっているのでしょう。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
↑ポチッと押していただけると励みになります




「Phildar」の耳あてつき帽子 しつこくカスタマイズ・・・
ほんっと、しつこいようですが、
先日編んだ、Phildarの耳あてつき帽子をさらにいじってみました。
こうなったらものはためしだ!
徹底的に遊んじゃえ。

1993

モコモコのチョコ色の毛糸で、
縁取りをしてみました。

Phil douce brown

使用したのは、海をわたって本日届いた
PHIL DOUCHE (Phildar)。
想像通り、とてもふんわりのきもちいい~毛糸です。
(さいきんよく見かけるmocomocoソックスみたいな感触です)。
ベビー用のみならず、自分用にも使いたい。

さて、何を編もうかと考えていたところ、
Phildarの耳あてつき帽子が掲載されていた同じ号に、
こんなパターンが載っていたことを思い出しました。↓

fa

PHIL DOUCHEを縁取りに使って、
一見、ファー付きコートのように仕上げています。

おお、おもしろい使い方だ!
まねっこしよう!

ということで、耳あてつき帽子を餌食にすることに決定!
縁取り方を解読する気力がなかったので、自己流に、
かぎ針でぐるりと2周、短編みを加えました。

・・・ファー付きにはとてもみえんが、
帽子の縁がふわふわになったので、
ぶりにとっては、より快適かと思います。

Phildarみてると、編み方や毛糸の使い方などが
どの作品も一工夫あって、
いろいろ触発されて楽しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
↑よかったら、応援してね!



「Phildar」ベビーニット特集号 入手までの苦闘の歴史!
今回は、現在ハマりつつある、新しい泥沼・・
「ベビーニット」に関する話題です。

ベビーニットを作る人間というのは、
かなり酔狂な部類に属すると思うのです。

なんせ、確実にワンシーズンで着られなくなるし、
お手入れも大変なものを、
相当の時間と労力を費やして、手を痛めて作るのですから。
おりこうさんママなら手を出さない分野でしょう。

しかし、世界には、そんな理性をぶっとばすほど
かわいい編み物雑誌が存在することを、
私は知ってしまった・・・・

6
↑コレが、その本。
「Phildar」というフランスの編み物雑誌です。

ホームページに行けば、
本の中身が公開されています。
しかし、こちらでもチラリと・・

5
森のこびとみたい。

4
これもカワイイ。

3
「七人の侍」の三船敏郎みたい。

1
どんぐり?

2
赤ヘル?

カワイイ~~
どれもこれもカワイすぎるぅぅぅぅ~~~~
編みたい!ゼッタイ編みたい!


しかし、当然ですが、この雑誌、

フランス語なんですよ!

どうしよう・・・下手に手を出すと、泥沼にハマる。

しかし! いま、編まねば、ぶりは大きくなって、
こんなかわいいベビーニットを作る機会など、
次の子でもできないかぎり、二度とないであろう!
人生、やりたいことをやってナンボのもんです!

もはや、あらゆる理性は影をひそめ、
新たな(無謀な)挑戦がはじまるのであった!

さあ、あなたも一緒に泥沼にハマりませんか・・・?
ふっふっふ・・・


つづく・・・hari-n




編み物!Phildarからベビーカーディガン
秋も深まり冬が近づき・・・
カーディガンを着せる季節がやってきました!

201011191
 パターン: Phildar n031 knitting for babies
 毛糸: AVISO (Phildar)

去年の夏、ぶりがまだ数cmくらいの胎児のときに
編んだカーディガンです。
まだニットソーイングに手を染める前のことでした。

当時、編み物にハマっていた私は、
編み物ブログを散策しているうちに
フランスの編み物雑誌「Phildar」の存在を知り、
その赤ちゃん特集号を見て、
あまりのかわいさに脳が溶けそうになったのです!

phildar n031
↑これがその特集号です。

「ゼッタイ作りたい!!!!」

真夏なのにそう思いました。

そして、思い込んだら止まらない。
さっそく洋雑誌を扱うネットショップで「Phildar」の特集号を入手。
「Phildar」のホームページから毛糸を注文、入手。
届いたのは、英語版の「Phildar」。はじめはちんぷんかんぷんなのですが、
これもネットの情報+辞書+野生の勘でなんとか解読。
そして完成にこぎつけた!

人間、ほんきでやりたいと思ったら、
たいていのことはできるもんですね・・・
(過去の)自分、スゴイ。

そしてぶりを捕獲し、
さっそく着せてみました~。

201011192
201011193

・・・・でかい。

来年の2月ぐらいには
ジャストサイズになってくれるだろうか・・
なってくれないと困るよ~~
ぶり、がんばってくれ~~~

・・・・・むすこ あいこん いかり

というわけで、今日も大量のミルクを飲ませるのであった。



このカーディガンを着せてみたのがきっかけで、
久しぶりに「Phildar」のホームページをのぞいてみたのですが、
最新の赤ちゃん特集が、
これまた、脳が溶けそうなくらいかわいい~~

今年の冬は赤ちゃんニットにハマりそうです・・。


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。