スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤ちゃん服 ブラウスと,ハーフワイドパンツ
IMG_3173m.jpg

ご近所さんが男児を出産した,ってんで,なにか出産祝いを・・・と考えているうちに・・・・ついムラムラと縫いたくなりまして・・・・・縫ってしまいましたツーピース.

パターンは,月居良子さんの「あかちゃんの服,てづくりの服」から,パンツとブラウス.
このパターン,簡単かつかわいくて,自分の息子にも何点か作って着せてはほくそ笑んでたんですが・・・子供は,あっという間に大きくなってしまい,作る機会がなくなってしまいました.

どんなに大好きなパターンでも期間限定(しかもかなり短期間)ってのが,赤ちゃん/子供服の寂しさ.

てなわけで,他人に赤ちゃんが生まれた,とか聞くと,ここぞとばかりに作りたくなるってワケでして.



 
IMG_3176m.jpg

釦は,以前購入してストックしていたウッドボタン(たしか日暮里で格安購入).久々のボタンホールを開ける度胸がなく,ウラはスナップボタンを手縫いで付けました. 生地は同じく日暮里のトマトセレクト館で購入した薄手のコットン生地. 先日店舗をのぞいたら,同じ生地がまだ販売していたので,定番なのかな・・・・・.色合いや生地の風合いが好きで,オトナ服のポケットの裏地やら何やらにちょこまかと使ってきました.

ホントにいい生地は,どんだけ在庫してても確実になくなる.
イマイチ生地は,いつまでーも残る.
このへんの見極めを,生地の購入時につけられるようになるといいんだが・・・・.




IMG_3178m.jpg

パンツ生地は,大人服で何度か使用しているSoleilのフレンチリネンツイル. 
もし仮に,無人島に行かされるときに,一種類だけ生地を選べ,といわれたら迷わずこれを選ぶってほどのお気に入り生地.



むすこ あいこん ちんもく かーちゃん,布以外に持ってくもの,あるだろ・・・・



ただ,いい生地ではあるんですが,赤ちゃんの夏服としては,ちょっと厚手だったな,と. 望ましくはもっとヘロヘロの薄手リネンの方がよかったかと. でも在庫になかったのでしゃあないと.



パンツのベルト裏も,ブラウスと同じ生地で.
パンツ生地に使用したSoleilのフレンチリネンツイルは,チクチク感の全くない上質生地ですが,やはり赤ちゃんの肌に触れる部分は,コットンの方がやさしいかと思いまして.





IMG_3181m.jpg

てなわけで,スキマ時間にちょこまか作って,2日ぐらいで完成しました.

「久々に赤ちゃん服つくるチャーンス★」と意気込み,ただ自分が作りたいからってだけでやってしまった一品ですが

ハンドメイドの贈り物って,嬉しい人だけじゃないですからね.「重い」「迷惑」って感じる人もいるわけで.そこはそれなりに気を使わなければと思ってます。 素材は良質なものを使うとか、丁寧に作るとかは当たり前ですが、「気合い入りすぎて重くなりすぎないこと」ってのも意外に重要ポイントかと。

贈り物がハンドメイドってのはただでさえ「重い」。だから、新しく布を買ったり、やたらと手のかかるパターンを選んだりとかはせず、「手元にある生地で、カンタンなもの作りました」ってなヌケ感を作ると、もらう側も多少気楽かと・・・思うんですが・・・どーだろなぁ・・やっぱりわからん。

ま、受け手の性格や嗜好や親密さにもよりますしね。
どっちみちリスキーなことだわな😅



スポンサーサイト
親子エプロン checkandstripeのトリコロールチェックで
「私と息子のために,親子エプロンを作って♥」
(あ,三角巾もつけてね)

という,いきなりハードル高い知人の依頼に答えて,ワタシも負けじとこう言った.


「どーせなら,カワイイ生地で縫わせろ!」


というわけで,クライアント(?)と連れ立って,炎天下の中,吉祥寺のcheck and stripe実店舗に出向き,一緒に選んだ生地で縫ってしまいましたぜ、炎の親子エプロン!!!
(いや、なんせ、暑かったもんで・・)



IMG_3172m.jpg


生地: トリコロールチェック(check and stripe)
パターン: 子供エプロン110size(パターンレーベル),ビストロエプロン(LINNETT)

C&Sで知人が選んだ生地は,トリコロールチェックの細かい柄の方. 可愛くて以前から大好きな生地だが,あまりに可愛いらしすぎて,自分用にも息子用にもまず選ぶことはない「無縁生地」と思っていたら,ひょんなきっかけで縫う機会が回ってきた. これは・・もしかして・・ラッキーなのでは!!
(と、むりやり前向きに考えるにしよう)







IMG_3164m.jpg


まずはパタレパターンで子供エプロン.
トリコロールチェックに,水色の綿テープの組み合わせを依頼されたので,それに合わせて手持ちのデニム生地を,首のリボンと,三角巾のリボンの裏地に使用してみた.






IMG_3166m.jpg


幼稚園でも使えるように,ネームタグを付けて.




IMG_3162m.jpg

あとは,手持ちのcheck and stripeのビスネームをポケット脇に. 大量買いしたこいつを使い切る前に子供服から撤退したので,たんまり不良在庫してたのを、ここぞとばかりに消費.


というわけで子供エプロンは完成.
生地端の処理の仕方等に関しても,きれいに処理できるよう考え抜かれた仕様を、明解かつ丁寧に記載してあって,とても勉強になった.流石はパタレパターン! このエプロンに先立って,自分用のオトナエプロンを作っているのだが,こちら(パタレ)を先に作って勉強してからにすればよかったと激しく後悔。



さ,お次は大人エプロンだ.
どすこい!どすこ~い!! (←なんかヘンなノリになってきている)


IMG_3157m.jpg

お次は大人エプロン.
これはすでに試作で作ったLINETTのパターンを使用したが,生地端の処理はパタレの子供エプロンに準じた.あとは,クライアントの身長(150cm台)に合わせて,上端を-3cm,下端を-5cmに調整.




IMG_3160m.jpg

三角巾の作り方も,パタレの子供エプロンに準じた.
サイズは,大人の頭周に合わせて,太いベルトの長さを,子供サイズより両端それぞれ+3cm加えて調整.
あとは,後ろゴムベルトを,エプロン本体でも使用したベージュの綿テープのリボンに変更.これに合わせて,三角巾の生地裏は,手持ちの生成りリネンのハギレを使用.




IMG_3161m.jpg

首ヒモは,長さが調整できるよう,リボンに変更.リボン幅は,可愛らしい柄に合わせてやや太めに(2.5cm幅)変更. このへんはクライアントのイメージ(色白で可愛らしい)に合わせて決めた. 自分用であれば,死んでも出来んわこのアレンジ.



てなわけで,なんだかんだで2日で完.
いや,なにも,もっとゆっくり縫っても全然よかったのだけど,「ダラダラ手をつけてるうちに、ヤル気が失せたらヤバイ!!!」という恐怖に追い立てられ、一気呵成に仕上げてしまいましてん・・.

このオーダー受けたときは,正直、「このクソ忙しいのに,無茶なこと頼みおってからに,ムキーーーッ!!」てな気持ちがないわけでもなかったんですが

完成品をお渡しした後の,クライアントの♥マーク連発の喜びっぷりを見て,そんな気持ちもふっとびました. あぁ,自分が手をかけたものを喜んでもらえるって、うれしいもんですな.

などと,オーダー当初のあせりもケロっと忘れてほのぼのしてしまい

いつか再び安請け合いして自らのクビをしめそうなケロンであった・・・

日本昔話,おしまい.

(↑いったいなんの教訓なのだ・・)




ビストロエプロン (LINNET)
「私と息子のために,親子エプロンを作ってほしい」

知り合いからの,いきなりハードな依頼にこたえて,エプロンパターンを物色した結果,このパターンに行きつきましてん.



IMG_3146m.jpg

パターン: ビストロエプロン (LINNET)
生地: ヘリンボーン織のリネン,インディゴ色 (check and stripe)


いや,なんせ,エプロンなんて普段まったく着用しないワタシ.巷のエプロンのスタンダードな形がどんなもんかもわからず.とりあえず「エプロン 型紙」で検索したら,
 
 ・フリルヒラヒラのメルヘン系
 ・ポケットてんこ盛りの本格シェフ系

このどっちかにかたよるパターンばっかし. カンタンに作れて,シンプルで,オトナなデザインってのが,意外になかなか見つからない. そんななかで,引っかかってきたのが,高級(高額)リネン生地販売で有名な LINNET のパターンでした. パターン屋としての認識はまったくなかったけれど,レディースパターン結構たくさんあるのね.

と,いうわけで,パターンを取り寄せ,とりあえずは自分用に試作を作成. (まがりなりにも他人様にあげる予定のお初パターンをぶっつけで作る度胸はない・・・). 仕様書は手書きで大変かわいらしいのだが, パタレやMPLパターンのような手取り足取りな懇切丁寧さはなく,「細かいところは自分で考えて適当に対処してね」♥と笑顔で突き放すソフトスパルタ系. でも,ベルトを作って,ポケット付けて,見頃の生地端はバイアス処理や三つ折り処理するだけのシンプル仕様なので,ソーイングリハビリ中のワタシでもなんとかなりました. ホッ.



IMG_3143m_20150723155929ecd.jpg

パターン仕様書からの変更1.
前当ての上端の処理は,三つ折りにして,そこに首ベルトの端を縫い付ける,という仕様. これを,別布で3cm幅の見返しを作って,見頃表布と見返しの間に首ベルトをはさみこむ仕様としました.この方がベルト付け部の縫い目が表に出ないでキレイだと思ったので. しかし,ここで失敗. 脇カーブ生地端のバイアスの上端が,見返しの陰に隠れるハズが,見事に表にでてしまったのだ. いやー、こーいうことがあるから,やっぱり試作は作るべきなのだ、うん (←そして本番でまた同じ失敗をくりかえすやつ)

変更2.
ポケットは,おなかのど真ん中にお椀みたいなポケットがついてる仕様でした. これを,四角い脇ポケットに変更. ポケットの形は自作して,付ける位置は,型紙をエプロン本体にマチバリで留めて,鏡で確認しながらつけました. そして案の定、マチバリを腿に刺した. いてー.



IMG_0745m.jpg

着画でやんす.

丈が長くて,シンプルで,リボンも細く(2cm幅),大人っぽい印象.
ポケットを腰骨の高さで脇に付けたのも,縦のラインが強調されて,重心が腰の低い位置に落ち着いた感もあり、自分的には正解だったと思います. ただし,エプロンの丈がごらんのとおりかなり長く,身長165cmの私が着て,膝丈下まできます。  身長に応じた丈の調整は必須です. とはいえ、このパターンの,腰に向ってフワーって広がって,ストーンと落ちる洒落たラインを生かすには,膝丈下にくるぐらいの長さは確保するのがおすすめっす!

あとは,リボン. デフォルトは幅2cm程で細めであり,これはこれで大人っぽくて私は好きなんですが,幅3cmぐらいに広げて,よりカワイイ寄りに作るのもアリかと思います.リボンを長めに作って,首の後ろで結べるようにしたり,Dカンつけて長さ調節できるようにしたり、経験に応じて好きなようにカスタマイズするのがよろしいかと。

今回は自分用でリボンの長さ調節は必要なかったので,仕様書どおりの長さで輪っかにして見頃に固定しましたが,頭がデカイ私には,輪っかを頭が通るときに結構キツい・・・・. ギリギリ頭を通す時に、身頃にお化粧がついてしまいそうでイヤだ・・・ということで,長さが調節できるような仕様にすればよかったかなと思います。 というわけで、ワタシと同じ全国の頭デカさん、首リボンの長さを決めるときはくれぐれも慎重に!ご自分の頭が通るかどうか、実地に確認して長さを決める一手間を省くと、悲しい出来事が待っていますぞ〜(←よけいなお世話だ!)

あとは,生地選びに関して.
エプロンの丈が長く,後ろに回る生地の分量もたっぷりとってあるパターンなので,着用すると、生地の重さが結構効きます.この重さを首にかけるリボンで支えるデザインなので,あまり生地が重いと肩が凝りそう。 薄手のツイルや綾織り生地など,丈夫だけど厚くない生地を選択するのも大事だと思います.あと,指定の生地の幅は150cmですが,110cmでもいけました.


結論:
デザイン的には文句なしにかっこいい! 大人っぽいリネンのエプロンを自作したい人にはおすすめです. そこそこいい生地で作れば,プレゼント用としても使えそうだし.  ただし,1080円もする高額(?)パターンなのに仕様書が突き放し系だとか,パターンに縫い代がついてなくて自分でつけなきゃいけないとか,洋裁パターン屋さんの丁寧な仕様書に慣れたベテラン(おたくともいう)ソーインガーにとっては,ときにイラッとくることもあるかもしれません. (←よーするに自分がイラっとしたと,そんだけのことだろう). 


とりあえずの問題点は・・・・

エプロンを着る機会がないことだ・・・・




IMG_0742m.jpg

というわけで,無目的に玄関に下げて,オブジェと化している.
そのうち草むしりの時でも着用するべ.


ソーイング道具の整理 コンテナボックス
今回、いきなり収納ネタです。
家づくりを契機に、ソーイングオタクに加え、収納オタク、DIYオタクも加わりつつある今日この頃。ご興味ある方は、どうかよろしくお付き合いくださいまし。

IMG_3103m.jpg

ソーイング道具を,小さい道具箱(コンテナボックスっていうらしい)に入れて収納するようにしました。 裁断時に使用するハサミや定規は「裁断」とラベリングしたボックスに。 ミシンかけるときの目打ちやリッパーなどは「ミシン」ボックスに、と、作業別に分類、ラベリングしてます。

このコンテナボックス(トラスコ中山 VN型-1N),もともとはネジとかクギとかの工業用品を収納するものらしいのですが




IMG_3107m.jpg

スタッキングできたり





IMG_3108m_20150711144357054.jpg

単品で,ヒョイって簡単に持ち運ぶこともできたり



IMG_3111m.jpg

テーブル脇のバーに引っ掛けて使えたり、と

いろんな使い方が出来て、かなりデキる!





ikea_buhin.jpg

このコンテナボックスなる商品の存在を知ったのは、IKEAのパーツ売り場でした。  IKEAでは、ネジやナットなどのパーツを、種類ごとにコンテナボックスに入れて、壁に何列かに設置したバーに引っ掛けて陳列されてまして。

中身が見やすく、取り出しやすく、ボックスの位置を変えるのもカンタンな、この収納ボックスに目が釘付けになり

てっきりIKEAの製品かと思い、ラベルを見たら・・



「TRUSCO中山 VNー1N型コンテナボックス」


国産だった・・・。


・・IKEAめ、うっかり自社製品ではないものを、このような形で喧伝してしまうとは、ぬかったり (ニヤリ)。







んで、自宅でも,パーツセンターで見たみたいに、バーにひっかけて使うってことをしたかったのですが,

このコンテナをひっかけるためには、「厚さ2mmほで幅3cm程の金属製のバー」が必要なんですが、これがなかなか見つかない。



IMG_3110m.jpg

 結局,ホームセンターで,スチールラックを組むパーツとして販売されていた平らなバー 「キタジマ フラットバー30型」 がサイズ的にぴったりだったので(厚さ2mm,幅28mm),ネットショップで適当な長さに切ってもらって購入し,ネジで机の脚に固定しました.
(金物用のノコギリでも切れるかもしれません)

これ、コンテナボックス引っ掛ける以外にも、フック引っ掛けられたりと、非常〜に便利ですっ。
ソーイングする部屋以外にも、いろんなところに設置したいっす!



それにしても、このコンテナボックスは、現場で長い間使われ、使い勝手を検証され、改良に改良を重ねて、このサイズや形に行き着いたって感じの、徹底した使い勝手の良さを感じます。
収納グッズといえば、IKEA、無印良品、100均のものなどがよく喧伝されてるけど、このコンテナボックスも、もっと世に知られていいんじゃないだろか。


とにかく、今ワタシの頭ん中は、IKEAのパーツセンターみたいに、壁いっぱいにズラーーーっとコンテナボックス設置する、という妄想でいっぱいなのであった。


keron復活! クルール イージーパンツ×C&Sコットンストライプ
みなさま,大変,大変ごぶさたしております・・・
もはやケロンという生き物が存在したことすら,記憶にない方もほとんどだと思いますので,
始めまして,と申し上げた方がよろしいかもしれません.


過去記事のごとくいろいろと多忙になり,ハンドメイドの時間的余裕がとれず,
2年前にブログ中断し,このまんまフェイドアウトかとも思っていたのですが


ひょんなきっかけからソーイング熱が再燃し,再びミシンと戯れはじめました.
まー,人間,本当に好きなことからは,そうそう遠ざかってもいられんもんですな.


・・となると,やっぱり,作ったモノを見せ合って,同好の士と,「わー♥」とか「きゃー♥」とか
言い合いたくなるわけでして


臆面もなく,再びブログ再開したしだいでございます.

てなわけで,みなさま,よろしくお願いいたします.


--------------------------------------------------------------------------

IMG_3097m.jpg
パターン: ロールアップイージーパンツ(クルール)
生地: 綿ストライプ(C&S)

ゆる~い感じのストライプパンツが欲しかったので,C&S実店舗で一目ぼれしたストライプ生地を用いて,作ってみました.


採用した在庫パターンは,クルールさんの「ロールアップイージーパンツ」.

このパターン,発表された当初は,パーツの多さ,工程の複雑さから,
 「どこがイージーなんじゃ!」
 「ちっともリラックスして作れんわい!」
と,各方面から(つーか私と数人)非難轟々よせられたことは記憶に新しいですが
(↑いつの話じゃ)

当時リネンで作成した完成品が,非常に着心地がよく「ああ,イージーってのは,つくり心地じゃなく着心地のことだったんだぁ」と気が付き・・・ (←ふつう作る前からわかるわい)

結局,2着も作って,夏にはヘビーローテーションしていたのでした.



今回の変更点は・・・

IMG_3099m.jpg
①ベルト上にリネンテープを通すのをやめて,普通のベルト通しをつけた.



IMG_3102m.jpg
②後ろポケットを省略し,フラップを付けるのみとした.
(使うあてもない後ろポケットに,なんであんなに苦労せにゃいかんのじゃ!)



IMG_3100m.jpg
③ベルトにホックを2個つけた.

ベルト幅が5cmあると,ホックが2こ付けられるので,いいですね~!
ホックが2個付くと,
 ・ベルトにかかる過大な腹圧がホック2つに分散され,ホック付け部の生地への負担が軽減する.
 ・ベルトが腹肉に食い込まない.
などなど,ある特定の身体的特徴を有する人間にとって,多大なメリットがあるわけでして
(↑腹が出てるって,はっきり言わんかい!)

ぶっといベルト,バンザイ!


んでもって,着画!と行きたいところなのですが・・・

あいにく,着画撮影のための体型,じゃなくて体制が整っておらず(全身がうつる鏡がないっ、ていうか見たくないっ!)


ケロンに現実と向き合う勇気が出るまでの間、保留でございまする.スンマセン・・・

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。